お喋りなナナ 生活や芸能

日常のいろいろな出来事についておしゃべりします。インテリアから芸能界までー。気軽にお立ち寄りくださいませ。

続 24時間マラソン ブルゾンちえみに脱帽

1. ブルゾンちえみに脱帽

f:id:bi1dama:20170930214919j:plain

今年も24時間マラソンが終わった。

ブルゾンちえみは23時間強、約90kmを走り続け、ゴールテープを切った。やっぱり最後は涙でぐしょぐしょ、ボロボロの状態であった。

しかし私が何よりあっぱれと感じたのは、走り終わっての視聴者の興味が

「( 24時間走り終えて) 化粧が落ちない?」というポイントに向いたところだった。

そこかい⁉︎

 

 

2. 問題点

今年の24時間マラソンは、2つの問題点を浮き彫りにした。

1つ目は、長年伴走していただいている坂本トレーナーの高齢化である。今年で69歳。もう限界であろう。かといって、日頃運動不足、不規則な生活を送る芸能人を、短期間で24時間マラソンに耐え得る身体と精神に鍛え上げるのは、至難の技である。

坂本トレーナーを置いては語ることができない部分だ。

2つ目の問題点は、マラソンランナーの選考の難しさ、不在という点である。話題性だけを追っていればいい訳でもない。トレーニング期間のスケジュール調整も不可欠である。

 

 

 

3. 走れる人が走る

この酷暑の中を寝ないで24時間走るのである。

もう「最高齢記録」だとか「意外なこの人が」だとか聞くとヒヤリとする。

順当に、若くてスポーツ経験の豊富な人が走ればいいのではないか。今年のような選抜形式を取り入れ、複数候補から、真剣な目線で1人に絞り込むのも良いと思う。

それでもよくよくコンディションが整わなければ、スポーツには棄権というルールもあるではないか。

 

 

   

4. 思わぬ話題性

f:id:bi1dama:20170930214931j:plain
f:id:bi1dama:20170930214926j:plain
左: 走行前のメイク → 右 : 走行後のメイク お見事!

24時間マラソンは、思わぬ話題が生まれるくらいの余裕を持てるようしたいものだ。

ブルゾンちえみも決して楽な道中ではなかったけれど、例年にない、ブルゾンちえみ自身のスポーツ経験から来る余裕が「落ちない化粧」という話題を生んだと言える。

ちえみちゃん、各休憩所毎に、よくぞ化粧をチェックしてくれたよ!

 

 

5. 40年を節目に

今後も松本トレーナーには、是非指導者として残っていただきたいと思う。どこの職場にも世代交代はある。次なる立派な伴走者の育成にも努めていただきたい。

40年にして、24時間マラソンの何かを変えたブルゾンちえみさんには、改めて脱帽だ!

皆様、本当に本当にお疲れ様でした。