お喋りなナナ 生活や芸能

日常のいろいろな出来事についておしゃべりします。インテリアから芸能界までー。気軽にお立ち寄りくださいませ。

北朝鮮の弾道ミサイルは小威だ

1. ミサイルごっこ

 

トランプの挑発に乗って、北朝鮮が頻りにミサイルを飛ばしている。北朝鮮が有しているのが、弾道ミサイルだ。

途中で3段階程に分かれ、弾頭はできる限り軽くし、飛距離を伸ばすことに精を出している。

次第に距離も伸び、次はグァムにまで飛ばすと言う。

遂に北朝鮮も、ミサイルに乗ってグァム旅行ができる時代到来だ。

 

2. 核開発

 

これが北朝鮮の核開発と結び付くか?というと、そういう訳にはいかない。

北朝鮮の小威たる所以である。

 

3. ヒロシマに落とされた核爆弾

 

爆弾とは言っても、中には放射性物質を詰めたものである。当然、外側は分厚い鉄の壁でがっちりと覆わなくてはいけない。

ヒロシマに落とされた核爆弾は、球形で直径が1〜1.5m。10㎝ 以上の鉄の壁で覆われ、重さは5tはあったという。

それが、ヒロシマの真上まで飛行機で運ばれ、落とされたのだ。

ヒロシマは地上数百mの所に太陽が出現したのと同じ状態にされた。全てが溶けた。

核物質を含んだ太陽であった。

想像するだけでも、怒りに余りある。

人間が人間にすることか‼︎

 

3. 核爆弾の現在

 

この時代に核爆弾を落とすとするならば、一国が消滅する位のものを落とすことだろう。生半可な物を落とせば報復攻撃をされるからだ。

一国を消滅させるとなると、核爆弾の重量は、破壊力に比例して大きくなる。およそ、200t〜300tは必要となろう。

 

4. 北朝鮮の小威

 

当然、そんな重量のものを、ミサイルに搭載することなどできない。

方法はただ1つ、飛行機で攻撃する地点の上空に運ぶしかないのである。しかも普通の軍用飛行機では、それだけの重量のものを運ぶことはできない。相当特殊な機でなければ不可能だ。

という訳で、現在これだけの核爆弾を輸送できる軍用飛行機を有している国は、アメリカとロシアだけだ。

 

アメリカがその気になれば、北朝鮮の上空で、200〜300t級の核爆弾を、1発か2発落とせば良い。

北朝鮮という国は完全に消滅する。この地球上からー。

   

5. 子どもじゃないんだから

 

弾道ミサイルを飛ばすという意味のない行為は、即刻やめてくれ。

日本国土に落ちないようによく狙っているのだろうが、人間は生き物だから、手元が狂わないとは限らない。

手元が狂う ー 恐れるのはそれだけだ。

ミサイルがどれ程遠くに届こうとも、それ自体にはこれといった意味を見出すことができない。

まさに、恐るるに足らず、なのである。