お喋りなナナ 生活や芸能

日常のいろいろな出来事についておしゃべりします。インテリアから芸能界までー。気軽にお立ち寄りくださいませ。

宮内庁の底力「眞子様 小室圭さん 婚約内定記者会見」

いやいや、宮内庁の底力を充分堪能できる会見でございました。

f:id:bi1dama:20170930151441j:plain

1. お2人のお直し

会見に臨まれた眞子様、大変宜しかったのではないでしょうか。私は眞子様が、ゆったりと普通の速度でお話になる様を初めて拝見いたしました。

と同時に、ややもすると不自然な感じにお見受けしていました眞子様の「アヒル口」は、天然のものだということも理解いたしました。どんなに力を込めても抜いても、眞子様の口はアヒル口です。

 

f:id:bi1dama:20170930151447j:plain
f:id:bi1dama:20170930151451j:plain
お目々は二重になってもアヒル口はそのままの眞子様

一方で、ご婚約もしくはご交際に際して、一重でいらした目を二重に大きく直されたことも見て取れました。いわゆる適齢期になられて、眞子様が輝くように美しくなられたのは、このお直しの効用もあるのかもしれません。

 

f:id:bi1dama:20170930151457p:plain
f:id:bi1dama:20170930151502j:plain
左がお直し前、右がお直し後。どちらもある意味王子様〜

かたや小室さんも、目と鼻をお直しされていましたね。残念なことに小室さんのお直しは、あまりうまく行っていらっしゃらないようにお見受けしました。

特に鼻です。

高さが出、小鼻もすっきりされましたけれど、鼻の角度が上向き過ぎて鼻の穴が丸見えです。何だか豚さんの鼻を連想してしまうのです。うむむむん。

 

 

2. 肝心な箇所はぼんやりと

f:id:bi1dama:20170930152705j:plain
f:id:bi1dama:20170930151513j:plain
祖父様、祖母様、ご両親様はノーコメントでございます。冷え〜

こういう類の会見では、聞くべきポイントが決まっていますね。

・出会いはいつ、何処で?

・プロポーズの言葉と場所は?

・お2人のご両親 ( 殿下 妃殿下 ) やお祖父様お祖母様 ( なんと!天皇陛下と皇后であらせられます!) は何ておっしゃっているの?

 

この辺り、お答えになっていらっしゃってはいたけれど、全てぼんやりしていましたよね。何だか特に上の2点は、かなりお酒を召してからの出来事で、

「本当によく分かんなくなっちゃってんだよね。」って思ってらっしゃるような ー 。お2人が目を合わされる度にそんな妄想をしてしまいそうでした。

 

 

3. 小柄な小室さん

思ったよりも小室さんは小柄でいらっしゃいました。私はこの点において、眞子様にも小室さんにも、すごく好感を持ちました。

上記のお直しとは矛盾しますけれど、お2人はお互いの内面に惹かれ合って、お話をしているととても楽しくて、そうして好きになったんです、という感じがよく窺えましたから。

   

 

4. 宮内庁の底力

会見の最後に小室さんが、

「法律事務所の正職員として働いております。」と自己紹介をされた時には、全国民が目の玉を真ん丸にして、そうしてそれを落っことしそうになったのではないでしょうか。小室さんは、週3回のアルバイターから、存じ上げない内にすすすっと格上げされておりました。

会見の冒頭で眞子様が、

「予定よりも早く報道されてしまいまして ( 繕う暇がなくて困っちゃったわ。) 」とおっしゃった言葉と、何処かで呼応しているようにも感じました。

 

けれども皆様、これぞ宮内庁の底力です。愛し合うお2人のご将来は安泰です。愛し合うお2人に幸多かれ!です。

 

 

5. 最後に

小室圭さんのお母様がお2人のご婚約に際し、こんなことを言われています。

「 ( 息子は ) 固定観念にとらわれないように育てました。」

ええっ⁉︎

だから、美女と野獣みたいな今日があるの? ← 言い過ぎ ......

皇室から出て、固定観念にとらわれずに生きて行く眞子様

...... やっぱり心配、ですね。