お喋りなナナ 生活や芸能

日常のいろいろな出来事についておしゃべりします。インテリアから芸能界までー。気軽にお立ち寄りくださいませ。

許されざる…って感じがしない斉藤由貴

1. 斉藤由貴

f:id:bi1dama:20170927191931j:plain

 

1966年 神奈川県横浜市出身。

1985年「卒業」で歌手デビューし、それがヒット。ドラマでは「スケバン刑事」に出演。いわゆる80年代アイドルである。同期に浅香唯中山美穂河合その子南野陽子らがいる。

これら同期の中ではやや容姿に恵まれず、先行きを不安視される声もあった。← もちろん相対評価としての話である。

 

 

 

2. 瞼のくぼみ

 

f:id:bi1dama:20170927191934j:plain

まぶたの窪みが目立つタイプなのか …

そんな斉藤由貴をメジャーで拝見したのは、NHK大河ドラマ真田丸」である。徳川家康を巧みに鼓舞する妻役を好演していた。

その時に気になったのが、斉藤由貴の瞼のくぼみである。加齢とともに瞼の張りが衰え、眼球の形に沿ったくぼみが出現する。これには、くぼみが出易い人とそうでない人とがいるらしく、野際陽子などは、くぼみが目立った女優であった。

 

私は久し振りに目にする斉藤の加齢を意識するとともに、

「美容整形によってカバーできないのかな?」とも思った。← (//_//) すぐにこの路線に走りがちで、申し訳ございません。

 

 

 

3. 不倫愛

 

f:id:bi1dama:20170927191937j:plain

促されて退出する後姿

今回斉藤由貴と医師との不倫が報じられ、斉藤本人も認めるに至った。不倫愛は5年の長きに及んでいた。

会見で、眼球の形が見て取れる窪んだ瞼は、年相応の女の疲れを感じさせた。

「女性としても女優としても頼ってしまった。」という理由も自然なものとして受け止められた。

1度は不倫を否定した理由を

「子どもに知られたくなかったから。」と語ったのも上手いと思った。

 

白いしなやかな薄地の洋服を纏った斉藤は、妙に色っぽかった。

 

   

4. 綺麗な印象

 

斉藤の不倫は、綺麗な印象を私に与えた。仕方ない、というか、そこには本当の愛と理由があるような気にさせた。

 

斉藤由貴の鼻の穴はややめくれ上がっている。それが斉藤由貴を80年代アイドルの中でも、やや劣った容姿とさせたのかもしれない。

それ故か、彼女は力を抜いて年を重ね、中身もそれに応じたいい女になった。

 

下手に若作り整形を施すと、いつまでも気が若く、中身も成熟して行かない。線路内に侵入しInstagramを撮った芸能人などは、その顕著な例だ。

 

 

 

5. 大人の嘘

 

f:id:bi1dama:20170927193022p:plain

一連の会見で私達は、演技も抜群に上手くなった斉藤にしてやられてしまったのかもしれない。

でも、それでいいんじゃないかな?と思わせる。

何か、大人の素敵な嘘を見せられたようで、悪い気がしないのである。

 

斉藤由貴のくぼんだ瞼が訴えてくるものは、数々の不倫会見の中で、最も美しいとかんじさせた。