お喋りなナナ 生活や芸能

日常のいろいろな出来事についておしゃべりします。インテリアから芸能界までー。気軽にお立ち寄りくださいませ。

小池百合子の辣腕振り

1. 小池百合子

f:id:bi1dama:20171001215520j:plain
1952年7月15日(65歳)生まれ。カイロ大学文学部社会学科卒業。
ニュースキャスターから政治家に転じる。国会議員時代は、環境大臣、総務政務次官、経済企画総括政務次官環境大臣内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当)防衛大臣自由民主党広報本部長、自由民主党総務会長、自由民主党国際人材議員連盟会長、など要職を歴任した。

現在は、東京都知事(第20代)。「希望の党」代表、地域政党都民ファーストの会」特別顧問である。


2. 政治家は女性がやるべき

f:id:bi1dama:20171001215539j:plain
やはり出て来た金銭問題
男の政治家は、私腹を肥やし派閥争いに明け暮れてしまうからだ。そうしている時間を国政の為に使いなさい。

現に北海道を始めとして、日本の土地、特に水源を有する土地は中国にどんどん買われている。このままでは、戦争などせずとも日本は中国に乗っ取られる。
海外ではいずれも、「自国の土地を外国が購入できない」という法律を作っている。自国の国土を守っている。

自民党は、重要な案件を通す為に「ねじれ国会」を正すことに成功した。しかし未だに、こんな基本的な法律さえ作れない。
私腹を肥やすことに頭を使っている間に、談合している間に、政治家としてやるべきことをやりなさい。男達よ。

だけどもう、何を言ってもダメね。こういうのは男の政治家の中では慣例化してしまっているから。これはもう依存症だ。私腹依存性。派閥依存性。エトセトラ。


3. 女性は生活を知っている

f:id:bi1dama:20171001215535j:plain
真面目で一生懸命なのは女性の特性といえる
何故なら女性は男性よりも真面目だからだ。相手に尽くすことを得意とする。変な慣例とは無縁である。
何よりも日常的に生活の苦しさ・大変さを担う女性の方が、国民の置かれている状況をよく知っている。知っているからこそ、国民を脇に置いて派閥争いに明け暮れるようなことはしない。できないのだ!
女性の方が真面目に正義を貫くからだ。


4. 人材不足

f:id:bi1dama:20171001215543j:plain
感情的。いい加減極まりない石原慎太郎
長い間、社会の表舞台を男に独占されていたが故に、女性の社会性は退化した。政治は女性が担うべきとしながらも、人材がいなかった。そこに敢然と現れたのが小池百合子氏である。

彼女は有能で辣腕だ。話がわかりやすく、常に筋が通っている。丹念に粘り強く取り組む。

年に数回しか議会に顔を出さなかった石原慎太郎の責任を、徹底的に追求した。ドロドロダラダラした金の動き、男達によるいい加減な都政が出てくるわ 出てくるわ。
それを見下すようにして、小池百合子氏によって、当たり前のことが初めてなされたのである。



5. メディアは小池氏の敵

何故ならメディアに関わるのも男達だからだ。以上。


6. 合理的な政治

f:id:bi1dama:20171001215528j:plain
小池百合子氏は凄まじいほどに有能である
小池百合子氏の行う政治は合理的な政治である。利権にまどわされず、国民の為を思い、ダメなものはダメ。代替案を立てて行く。そもそも政治ってそういうものじゃないの?

男がやってもやってもダメなら、女性がやれば良い。
むしろ政治家という職業は、女性にこそ合っている。小池百合子氏に及ばずとも、後に続くスーパーウーマン達に期待する。