お喋りなナナ 生活や芸能

日常のいろいろな出来事についておしゃべりします。インテリアから芸能界までー。気軽にお立ち寄りくださいませ。

羽生結弦 SEIMEIは何を着る?

1. SEIMEI

f:id:bi1dama:20171007191125j:plain
羽生結弦は2014ー2015 にかけて、映画『陰陽師』のテーマである「SEIMEI 」に乗って演技しワールド・レコードを更新した。
そうして2018年、平昌オリンピックを目前に控えた今年も、「SEIMEI 」で舞い頂天を目指すこととなったのである。


2. 衣装

f:id:bi1dama:20171007230611p:plainf:id:bi1dama:20171007230604p:plain
向かって左が今年の衣装、右は初代 晴明
ジャンプを始めとしたテクニック的な進化、成熟も大きな見所であるが、題材が平安時代だけに、羽生の身に付ける衣装にも興味を惹かれる。
前期に身に付けた衣装と、今回カナダワールド・クラシックで身に付けたものとを比べてみよう。

どちらも平安時代に男性貴族が身に付けた狩衣 ( かりぎぬ ) を模している。狩衣の特徴は、1番表にまとう衣服の肩のところに切り込みが入っていて、その下の衣服の色が見えるところである。貴族の優雅な色襲の遊びがあり、しかもかっこいい。

f:id:bi1dama:20171007234925g:plain
狩衣

貴族の衣装には他にも直衣 ( のうし )、正装の束帯 ( そくたい ) などがあるが、画面で見る限り狩衣で決まりであろう。

f:id:bi1dama:20171007234929j:plainf:id:bi1dama:20171007234934j:plain
向かって左が直衣、右は束帯



3. 平安装束

注目すべきは、今回の衣裳の襟だ。
前期はただの丸襟だったものが、着物の襟合わせのようにデザインされている。しかもそこには着物の襲 ( かさね : 異なる色の着物を重ねてまとい、その襟をずらして着ることによって、綺麗な色の重なりが作られること。) の技法まで再現されていたのである。

f:id:bi1dama:20171007234943j:plain

本気だ!
本気の平安装束だ!


4. 色

…… となると、注目されるのは色だ。
パンツは黒でいい。決まり。

上着は?

前期は白地に繊細な刺繍が施されており、全体的には美しい萌黄色といったところだった。
カナダワールド・クラシックも白地に金の刺繍が施してあった。地の生地にも模様が入っており、凝った衣裳であった。色は白の印象が強い。

本番は?

私は、是非、紫を着て欲しいと思っている。平安時代、最も高貴とされた色だからだ。
色の濃さ、薄さはゆづくん陣営に任せよう。ゆずくんに最もあった紫色で世界の檜舞台に立って欲しい。


5. その他

f:id:bi1dama:20171007230616j:plain
こういう衣装も好きです〜 キャ〜
後、直垂とか烏帽子とかいろいろあるけれど、別にゆづくん、平安マニアじゃないんだし …… 。
スケートで滑るのが第一義なのだから ……。← 言わずと知れたこと〜。
とにかく頑張ってくださいね。
刺繍も念入りにお願いします。
何もかも楽しみにしています。