お喋りなナナ 生活や芸能

日常のいろいろな出来事についておしゃべりします。インテリアから芸能界までー。気軽にお立ち寄りくださいませ。

宇野昌磨の魅力

1. 宇野昌磨

f:id:bi1dama:20171111121852j:plain
羽生結弦を憧れの人として追い続けてきた宇野昌磨
彼も実力と魅力が同時に備わったスケーターである。

1997年12月17日の19歳。
小柄で童顔の宇野昌磨くん。
ところが、ここ2年間の急成長は目を見張るもので、ジャンプの種類を増やし、個性を全面に押し出した演技をするようになった。

ISU公認大会において史上初の4回転フリップを成功させ、国際スケート連盟に認定されている。← 昌磨くんも凄過ぎ!

特筆すべきは、その安定感である。← お若いのに〜。立派ですわ!

昌磨くんについてはサクサク書きます〜。



2. 衣装

f:id:bi1dama:20171111231045j:plainf:id:bi1dama:20171111231036j:plain
f:id:bi1dama:20171111231050j:plainf:id:bi1dama:20171111233123j:plain

あ、あれ?昌磨くん、
同じ衣装の色を染め直して着てる〜?← 違うって!← 叱って!

好きなんだよね〜。こういう形が。
襟が付いていて、胸元がガバリンチョと開いている衣装が。← 襟は普通の襟だったり、立ち襟だったりします。← うるさい。

この衣装が似合うのだ。… というか、昌磨くんにはこの衣装なのだ。

平昌オリンピックでもこの形の衣装だよー。← 自信あり!



3. タンゴと昌磨

f:id:bi1dama:20171111233228j:plain
タンゴを舞う昌磨は凄かった!
2016年、宇野がFSで使用していた曲が「ブエノスアイレス午前零時」というタンゴだった。このタンゴには完全にやられた。

このタンゴ特有の仕草が、宇野昌磨にぴったり合っていた。宇野昌磨の魅力を存分に引き出していたのだ。

パントマイムちっくな手の動き。
プリッとした尻の出具合 ← … 失礼
あのもの凄い横目使い。

怪しいタンゴのメロディに乗って舞う宇野昌磨は、最高にコケティッシュだった。


4. 怪し過ぎる宇野

そうなのだ。
普段から宇野には怪しい行動が多い。

極端な人見知りの為、人と出会わないように、いきなり歩く向きを変えたりする。こんなことをやっていて、宇野は常に目的地に辿り着くことができているのだろうか?

何処でも寝る。
寝つきが良過ぎる。

f:id:bi1dama:20171111233220j:plain
何処でも睡魔に襲われる宇野昌磨
自分の滑る順番の直前まで、他の選手の演技を視聴している。… 勉強になるのだそうだ。… って、ドキドキしてこないのっ?自分の準備をしたらどうなのっ?

…… 全てがこんな調子である。


5. クリムキンイーグル

f:id:bi1dama:20171111233203j:plain
出た!クリムキンイーグル!カッチョいい〜
宇野のクリムキンイーグルが大好きだ。

ジャンプ以外に、この選手しかできないという特徴的な技があると楽しい。

クリムキンイーグルで、膝を曲げ、後ろに思いっきり反るので、倒れないか心配になるが大丈夫だ。宇野は幼少の頃からクリムキンイーグルをやっている(笑)。

平昌オリンピックでも宇野昌磨らしさを存分に発揮して欲しい。