お喋りなナナ 生活や芸能

物好きミニマリストです。森をイメージしたリビングなど。テーマにあわせた厳選アイテムで各部屋をコーディネートして行きます。気軽にお立ち寄りくださいませ。

腐りきった協会と貴乃花親方のけれん味のなさ

1. 事件の概要

f:id:bi1dama:20171210182616j:plain
 10月の秋巡業の最中、鳥取市の飲食店の個室では、モンゴル出身力士達で飲み会を行っていた。その時、日馬富士貴ノ岩に呼びかけたが、貴ノ岩は気がつかずスマートフォンをいじっていたという。そのことに日馬富士が激高したというのがことの発端である。

日馬富士は怒鳴った挙句カラオケのリモコンを投げつけ、拳で貴ノ岩の額を何度も殴ったそうだ。

 殴られ続けた貴ノ岩はそれでも日馬富士をたしなめたらしい。この発言に日馬富士は「何をえらそうに」と更に激怒し、焼酎の瓶を持って殴りかかろうとしたという。( これは未遂 )

 これに同行し事件と深い関わりを持つのが、白鵬である。


2. 貴乃花親方が沈黙を守る理由

f:id:bi1dama:20171210181623j:plain
横綱 貴乃花
それは何と言っても「話すこと」が苦手だからだろう。

貴乃花横綱だった時代、相撲取りは強ければ強い程、寡言であることを良しとされた。
「ごっつぁんです。」
相撲取りはこの一言で充分だ。ペラペラ喋るでない、という時代であった。

現役時代の流れを汲み、貴乃花親方は「主張したいことを論理的に話すこと」が苦手であるのだろう。持って生まれた性分というものもある。

今回、相撲協会との遣り取りにおいても、文書を専らとしている。これも過去に、口八丁な親方連中に ( ← 相撲取りであってもこういう人物もいるはずだ。生まれ持っての性分によって。) 煮え湯を飲まされて来た経験があってのことではなかろうか。


3. 法治国家

f:id:bi1dama:20171210182621j:plain
鋭い表情の貴乃花親方
我々は法治国家に住む。
暴行事件が起こった場合、警察に訴え出るのは当然のことだ。
同時にその事実は、所属する相撲協会へと伝えるべきであろう。

「ほう・れん・そう」の大原則に則って。

しかしその所属する協会が、刑事事件を訴え出ることを阻止する権力まで持っているとするならば、協会には連絡しないことだ。そういう性質を所持する協会は、法律を犯しつつ運営されている危険な組織だからだ。

野球もサッカーも、警察の手はその深部にまで及んでこそだ。

稽古での死亡事件、暴力、八百長
相撲協会が、ここまで警察の手を撥ね退けているとするならば、それは国技と言う名の元に思い上がっているとしか言えない。


4. 他の親方連中は?

f:id:bi1dama:20171210181634j:plainf:id:bi1dama:20171210181630j:plain
伊勢ヶ浜親方と日馬富士
日馬富士の指導者は伊勢ヶ浜親方だ。そうして白鵬の指導者である宮城野親方は何をしている?
f:id:bi1dama:20171210181620j:plainf:id:bi1dama:20171210181639j:plain
白鵬宮城野親方
相撲協会が威張り腐る裏には、親方衆の権威と責任があって然りのはずだ。

伊勢ヶ浜親方の日馬富士に対する権威と責任
何より宮城野親方白鵬関に対する権威と責任を問いたい。

少なくとも貴乃花親方はしっかりこれらの指導を行っていた。
だからこそ、貴乃花親方だけは前面に出て来られる。
自らの部屋の弟子を守る為にー。


5. 朝青龍高砂親方

f:id:bi1dama:20171210181643j:plain
高砂親方朝青龍
以前は朝青龍が相撲界の掟破りとして名を馳せた。
朝青龍の傍若無人振りの裏には、当時の高砂親方 ( 元大関 朝潮 ) が朝青龍に舐められきっていた、という背景があった。

外国人力士は体も大きいし、迫力がある。
親方よりも上位に登り詰めれば、そういう意味でも親方は腰が引けてしまう。

同じ部屋で暮らしていれば何かが臭う。
横柄さが鼻に付く。

親方連中は見て見ぬ振りをしていたのではないか。
鼻につきながらも、指導できずにいたのではないか。


親方としての役目をー。


6. 貴乃花の華麗なるファッション

f:id:bi1dama:20171210181650j:plainf:id:bi1dama:20171210181646j:plain
貴乃花親方 カッコいいと思うよ〜。
大いなる蛇足だが、言及せねばなるまい。
サングラスもスカーフ風のものも似合っていて良い。
あのファッションを着こなせる親方衆が他にいるならば、是非その名を知りたい。


ランキングに参加しております。
ななオレオをポチッと押して頂けますと、とても嬉しいです。とても励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村