お喋りなナナ 生活や芸能

物好きミニマリストです。森をイメージしたリビングなど。テーマにあわせた厳選アイテムで各部屋をコーディネートして行きます。気軽にお立ち寄りくださいませ。

羽生結弦 平昌オリンピックで勝つ者は?

1. オリンピック

f:id:bi1dama:20180127230211j:plain

ーオリンピックには魔物がいるー

オリンピックが開催される度に、実感を込めながら人々はそう口にして来た。

しかし、

ーオリンピックには神もいるー

オリンピックで金メダルを手にする者は、オリンピックの神が降り立った者に他ならない。


2. オリンピックの神

f:id:bi1dama:20180128102221j:plain

語弊を恐れずに言うならば、陸上や水泳のように基本の動きがシンプルな競技において、神が降り立つ場面は少ない。
それも、陸上のボルト・水泳のイアン・ソープなど秀でた力量を持つ選手が出場する試合においては、神による番狂わせが起こる可能性は低い。


神がその威力を発揮するのは、繊細なテクニックを駆使する競技 ー それ故些細な何かが大きく作用してしまう競技 ー それ故精神のあり方に大きな影響を受け易い競技 ー においてである。


そういった意味でフィギュアスケートは、神の支配を受け続けて来た競技といえよう。


3. バンクーバーオリンピックの神

バンクーバーオリンピックの女子フィギュアスケートで、神は浅田真央には降り立たなかった。

フィギュアスケートでは、SPよりもFSの方が得点が高いのはご存知の通りである。

f:id:bi1dama:20180127230155j:plain
真央ちゃんWonderful ❗️
浅田真央ラフマニノフによる「鐘」に乗せての演技は凄かった。
最初のトリプルアクセルを決める。
その後も、身体の柔軟性、バランスに勝る浅田真央のポージングは、1つ1つが全て芸術であった。
滑るギリシャ彫刻。
それは重々しい「鐘」にぴたりとマッチした。素晴らしい芸術作品が彫り上げられつつあった。


4. 神よ

しかし、そこで神は浅田から離れた。
いや、最初から浅田には降り立っていなかったのであろう。

浅田は簡単なジャンプを飛び損ない、何もない所で躓いた。
後はもう浅田が振り返った通り、よく分からないままあっという間に演技は終わった。

それは直前に演技したキムヨナが、FSもいわゆるノーミスで滑走したからかもしれない。
SPでの、キムヨナのボンドガールが余りにも魅力的かつ印象的であったからかもしれない。

けれど、FSに関しては、ミスさえしなければ、採点方法がどうであろうと浅田の方が優っていた。

f:id:bi1dama:20180127230150j:plain
印象の薄いFS …… (苦笑)
現に今バンクーバーオリンピックを振り返る時、画面に流れるのはキムヨナのボンドガールのみである。比してFSは人々の記憶にない。


5. 羽生結弦

f:id:bi1dama:20180127230200j:plain
ゆづくん、待ってるよ。
羽生結弦は、平昌オリンピックにおいて、どの角度から見ても不利である。

怪我の治癒具合。

一発勝負。

緊張感。

不安要素しか挙げられない。← そうして四大陸選手権も見る気力を失った私がここにいる〜。
そう考えると、スケーティングの勘を失いかけているのは、ゆづくんではなく私達観客の方なのかもしれない。


6. 平昌オリンピック

f:id:bi1dama:20180127230208j:plain
ゆづくん❣️ ゆづくん❣️
ゆづくんが氷上に舞い降りれば、私達の勘も
ゥワワワワワワ …… と戻って来るのかもしれない。

平昌オリンピック男子フィギュアスケートの神は、
いづれかの選手の上に
必ず
舞い降りる。

f:id:bi1dama:20180127230204j:plain
ゆづくん 頑張ろうね。
神が味方する奇跡の演技を見よう。