お喋りなナナ 生活や芸能

物好きミニマリストです。森をイメージしたリビングなど。テーマにあわせた厳選アイテムで各部屋をコーディネートして行きます。気軽にお立ち寄りくださいませ。

籠ほど便利な物はない 籠の利用法3

1. 眉 命

f:id:bi1dama:20180207211528j:plain

あの、女性の読者の方々は私よりずっとご存知だと思いますけれど、(//_//)
昨今私達女性のメイクのポイント ……………( ドルァァァァァァァン!← ドラム音)


それは「眉」です。← 大いに個人差あり。


現代は美しく自分に似合う「眉」を描くことに時間をかける時代なのです。
「眉」を描くの、楽しい❗️ですよ〜。


f:id:bi1dama:20180207211538j:plain
程よい長方形の形も、落ち着いた色合いもお気に入り💕

そこで!朝の、慌ただしいながらも楽しいメイクタイムを演出する籠が ↑ これです。


2. 籠の大きさ

昨日ご紹介した籠と比べ、底が浅い小さめの籠になっています。
朝用のメイク用品って、少ないんだもの。


顔の部品は、目・鼻・口くらいですからね。
耳にお化粧をしなさい、とおっしゃっても無理なものは無理なのです。
これくらいの造作なら、お化粧もポンポン・ポポンのポン でおしまいです。← 個人差あり。


しかも、チークやアイシャドウの買い置きをする女性はいません(… と思います)。
上記の物達は、薄く塗るべく作られているので、使用量が少ないからです。
…… という訳で、朝のお化粧品類は、1回購入したら数ヶ月から1年は保ってしまうのです。


① お化粧といっても施す顔の部位には限りがあ〜る(笑)

② 買い置きの必要がない。


以上2点から、朝のお化粧品用の籠は、小さくても事足りてしまうのです。← (//_//) 手抜きの私の場合 … ですよ。… 大いに個人差あり …です 。


3. ランチョンマットを使って

さて、この籠にも蓋を付けることにしました。
お化粧品丸出しというのには、抵抗感がありますからね。← (//_//) 幾らなんでもね〜


蓋は、ランチョンマット(= 布 )で作ることにしました。
ランチョンマットは、程よい大きさと、しっかりとした厚みがあり、蓋にするのに適していると思います。
ランチョンマットは、外国のホテルにあるような、マークの付いたものを選びました〜


f:id:bi1dama:20180207211549j:plain
布を縫い付けたところ。


f:id:bi1dama:20180207211601j:plain
めくってみたところ


い〜い感じです。
取り出し易そうでもあり満足しています。


4. 収納

f:id:bi1dama:20180207211621j:plain
出たっ!エンドレスNaNa マークです(笑)

朝のお化粧品も、夜のお化粧品と同様、丁度よく収まりました。


次は、籠ごとリビングに置いてある棚の一角に入れてしまいます。

f:id:bi1dama:20180207211611j:plain
ぴったり入りました。

このように、引き出しだけですと固い印象になりがちな家具も、1ヶ所くらいは籠を引き出し替わりにすると、柔らかくお洒落な印象になるのだなぁ … と気付かされました。

場所も取らず、棚もオシャレな感じに変身。


これからもスペースの確保とオシャレ感とを楽しく追求していきたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します (^-^) ✨



本日のお勧めはこれです!可愛いトレー。ランチョンマットを探していたら、トレーに心を奪われてしまいました。



こちらはランチョンマットです。ゴージャスな柄を透し模様にして、とてもエレガントです。色もお食事を引き立てるはたらきをしそうですネ。




日本ブログ村に参加しております。
ななオレオをポチッと押して頂けますと、とても励みになります。とても嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村