お喋りなナナ 生活や芸能

物好きミニマリストです。森をイメージしたリビングなど。テーマにあわせた厳選アイテムで各部屋をコーディネートして行きます。気軽にお立ち寄りくださいませ。

カフェ風額縁は配置決めが肝心かなめ❗️

1. 壁に掛ける物と床などに置く物

f:id:bi1dama:20180221211631j:plain
猫のオブジェと額9つを掛けたところです


「壁に掛ける物」と「床などに置く物」
この2つの扱いは、私の中では大きく異なります。

「置く物」…… 自分で配置できる。
「掛ける物」…… 自分ではできニャイ ……
………… (//_//) なんと情けない結論に〜( 恥 )


「壁に掛ける物」って、空間の空け方とか全体のバランスの取り方とか、とにかく難しいのです。

(||_||) 一発勝負的なところもあってー。← 一旦穴を開けたらおしまいだもの〜 ヒエ〜!


……… という訳で、「壁に掛ける物」については自分でやったことはありません。← (//_//) 小さな声で読んでくださ〜い。


今回も馴染みのギャラリーにいらっしゃる、プロのアーティストさまにお願い致しました。


2. 配置が命

今回のように数の多い場合は勿論、一点物を掛ける場合でも、ピタッと決まる配置はただ1つです。

そこにあるべき、スペース取り・お部屋全体とのバランス など、全てを満たす位置は1ヶ所だけ!とお考えください。

逆にピタッとポイントにそれらが収まった時の味わいは格別です。

f:id:bi1dama:20180221211643j:plain
奥にある和室とのコンビネーションも取れています✨


それから、アーティストの方々は、作品そのものを引き立たせるように、作品を掛ける紐などの部分は原則的に見せない!という工夫をしていらっしゃいます。

実はこの流木の額縁達にも凄技を使われて、引っ掛ける部分は極力見せないようにしてくださいました。
その凄い工夫については、また折を見てお話させてくださいませ。← (//_//) そうしないと、いつまでも額縁のお話になってしまいそうで …… (笑)


私は小心者なので、壁に掛ける時に限りプロの方に頼んでしまいますけれど、
器用でセンスのある方々はご自身でおやりになると思います。

羨ましいばかりです。(//_//) ← 小心者め〜。




きょうのお勧めでございます。北欧のクラフトボールの壁飾りです。1つ1つが素敵ですね。



鹿の角ってよくありますけれど、サイってなぁに?可愛い💕珍しいです💕
壁にお付けになる場合は、角に引っ掛からないように、高い位置にしてくださいませ。
ああ〜、お子様方は触りたがってしまうかも… 要注意です。




ランキングに参加しております。
ななオレオをポチッと押して頂けますと、とても励みになります。とても嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村