自動広告 ラボ 広告を大きく表示

お喋りなNana 生活や芸能

北欧インテリア、シンプルライフ、食器、観葉植物、芸能生活など日常生活の中で興味のあるものをピックアップして語ります

【介護】の現場

1. 携帯

昨日のお昼過ぎ
祖父がベッドから車椅子に移る際に介護士とともに転倒し
救急搬送されるという連絡が、
私の携帯に入った。


インフルエンザで隔離されていた母は飛び起きて
私と祖母とで搬送される病院へ行くように指示出し。
もしもの場合に
妻と孫は立ち会えるよう
行間で伝えられた。


祖母は涙ぐんで震えている。



2. 忙しい介護士

救急搬送用の待合室に座り、
私達は救急車の到着を待つことになった。


暫くして顔を上げると、
救急車に同乗された介護士さんが立っていられる。
丁寧な早口でお詫びを告げると
再び老人ホームへと、
足ばやに廊下を引き返して行かれた。


「転んだ時の状況はどんな …… 」
処置室の扉が勢いよく開いたが、
そこに忙しい介護士さんの姿はなく、
いきなり支えを失った扉は暫く揺れて
またピタリと動かなくなった。


3. 立派な祖父

6時半まで
何をしていたのかしら。


私達は処置室の中へと呼ばれた。
左目の側を5針
左の頭を9針、
咄嗟に出した右手を5針縫った祖父。


「(昨日の夜)怖い夢をたくさん見た。」
「ぶつかった時、頭がグラグラグラとしてこれは大変なことになったと思った。」
「◯◯神社の八方除けにずっと祈ってたんだよ。」
「助かった。」


「痛かったでしょう?」
「私は絶対(動かせる)右手を付くと思ってた。」
「偉いよ。立派だよ。」
「暖かくなったら、車で◯◯神社へ行こうね。」


祖母がトイレに立った時、
祖父はふと
「惠美子」と祖母の名を呼んだ。
「違うよ。聖子だよ。」
祖父は知らんぷり。


4. 慌ただしい介護タクシー

4社目でやっと介護タクシーの空きが見つかる。
いつものおじいちゃん運転手さんだ。
少し経ったら折り返し掛かってきて
私がT病院と告げたとおっしゃる。


「すみません。S病院にいます。」
次の予約も入っているのにと慌てておられる。
私は祖父が30年通うS病院を言い間違えることはない。


乗車して間も無く片道分の領収書を渡されたので、
走られた距離に見合った往復料金を支払うと告げる。
「そぉ〜んな、ダメです。」
おじいちゃん運転手の焦りがやわらぎ、
往復料金で決定だ。


5. 感謝状

帰宅後母が
「あんたがいて助かったよ。ありがとう。」と。
祖母からも途中で何回も何回も言われた。
言葉の感謝状だ。


どういたしまして。


母は不意に泣いては隠そうとする。
鼻ばっかりかんでいる。


6. 偉大な父

祖父の入居しているホームの介護士は女性ばかりだ。
家庭を支えるだけのお給料が貰えないから、男性は避ける。


祖父のように
90代で、足が踏ん張れず、しかし農業で鍛えた骨太の男性は
女性介護士では介助しきれない。


しかも彼女達は
不当な程の少人数で
介護者の全生活を支えている。


「(自分ができもしない癖に)怒りの気持ちが湧いて来ない。」
父に言うと、
養護学校で全力で働く父は、
「(今の状況で介護士ができるのは)ここまでだ。クレームは付けるなよ。」
と自身の職業経験と照らし合わせて
そう言った。


少子化に打つ手なし
大勢の老人達は見捨てられ、
そうして税金は
誰のために使われるのだ。


叫びの先に、… 冬銀河。


f:id:bi1dama:20190118023244j:plain



🔻 ナナ天マラソン 〜 毎日チョコレートをご紹介します。

ベルギーに本店をかまえる「ブリュイエール」のチョコです。
オーソドックスな上に、ひと粒ひと粒のデザインが完璧に造形されている為、まずプレゼントして間違いのないチョコレートといえます。


🔻 こちらから『もの、ごと。』をご覧になれます。

[参加中]


🔻 こちらのボタンをポチッと押して頂けますと、ナナ猿🐵くんのランクがアップします。
応援してくださると、とてもとても嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

ブログ村ブログ村ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村