お喋りなNana 生活や芸能

三世代家族で同居しています。暮らし仕事を丁寧にこなして行きます。芸能も熱く語ります。

オンリーワンになれなかった【SMAP】

1. 凋落

f:id:bi1dama:20171223085853j:plain
案の定、2017年の元SMAPの凋落振りは激しかった。

いわゆる離脱組は、新天地に解かれた開放感を強調する姿が報道された。
SMAPからの解放 ……… やっぱりSMAPを引き摺っている。
ジャニーズでは禁断のSNSの利用。…… SMAP時代にはできなかった。…… これも敵は元SMAPだ。

f:id:bi1dama:20171223085857j:plain
SMAP時代はできなかったことへの挑戦?
涙を流してみせたり、今だから語れる真実を口にしてみせたり、解散した後もSMAPの黒い影を背負い続けていた。
その姿は醜かった。そうしてさしたる興味も引かなかった。

中居くんも地味に暮らしていた。

キムタクに至っては長年王座に君臨し続けたリバウンドもあり、精神を病んでしまうのではないかと本気で心配している。


SMAPは解散コンサートを行なっていない。
紅白歌合戦への出場もなかった。
つまり、彼らは解散という明確な区切りを持てずに終わった。
それは、ファン達への感謝の気持ちを伝える機会を永久に失ったことを意味する。
彼らの凋落の要因は、全てここにあるのではないか?


2. 安室奈美恵

f:id:bi1dama:20171223085926j:plain
安室奈美恵、かっちょい〜‼️
12月19日、安室奈美恵が「紅白歌合戦」への出場を発表した。
その決断の裏には、年末になってNHKが放映した「安室奈美恵の軌跡」を綴った番組に対し、視聴者の反応が薄かったという要因がありそうだ。

「私はアーティストよ。演歌歌手じゃあるまいし、TVを通じて『お茶の間の皆様さようなら〜!』なんて私の趣味じゃない。」
当初 安室はこう思っていたはずである。

ライブに足を運び身近に接するファンは、いかにも安室の胸に迫るだろう。
しかし、安室を世に知らしめ育てたのはTVである。TVの向こうにはアイドル安室を支えた大勢のファン達がいる。
紅白歌合戦」に出ないということは、そのファン達を無視し否定することになる。

直前に放映されたドキュメンタリーの不調から、安室はそうしたファン達の離反を感じ取ったのではないか?
そうして急遽、出演に転じたのではないか?



3. 紅白歌合戦

f:id:bi1dama:20171223091525j:plain
今年の司会はウッチャンだよ〜
現在、音楽のジャンルが広がり、歌謡曲として1つに括ることができなくなった。
そんな中、大晦日の夜に家族揃って歌で楽しむ …… というのは大変難しい。
何時間も歌合戦が繰り広げられるけれど、知らない歌の方が多い。
それも年代によって知らない歌・知っている歌が異なる。

いや、歌のジャンルやパフォーマンスの幅が広がったが為に、「知っている歌・知らない歌」というよりも「好きな歌・嫌いな歌」という分け方の方が適当であるくらいに、嗜好の差も激しくなっている。

それでも紅白歌合戦は、今だに国民的な番組だ。
裏で笑いを堪えて尻を叩かれる様を見るのも楽しいが、その類はいつでも見られる。
番組の重みが違う。


4. 紅白歌合戦SMAP

f:id:bi1dama:20171223085901j:plain
SMAP最後の出演となった中途半端な番組〜
2016年、SMAP紅白歌合戦に出るべきであった。
国民的なアイドルが紅白歌合戦で別れを告げる。
ベタではあるが、SMAPらしい最後で最高の舞台は、紅白歌合戦に他ならない。
そうしてそれは、オンリーワンのアイドルグループの解散を見届ける瞬間でもあった。

どんなに激しい愛憎・1年間を通じての不協和音があったとしても、最後の最後はSMAPとして国民的な歌番組をもって別れを告げる。それこそがプロというものだ。

オンリーワンと歌っているのだから、それぞれがそれぞれのSMAPのオンリーワンとして、最後となる舞台を見せれば良かったのだ。

最後のチャンスだからこそ、笑って、SMAPらしい表情を見せて、プロとしての幕引きをするべきだった。
それこそがファンへの唯一であり最大の恩返しであったからだ。


5. ファンへの思い

f:id:bi1dama:20171223085907j:plain
ひとり立ちできるかな?
晦日、キムタクは除き、森且行まで加えてつるむ元SMAPの姿があった。
私は大いに呆れた。
高校生じゃあるまいしー。
彼らの陰口合戦が透けて見える。

そんなことして楽しいの?

様々な行動を通してSMAPへの愛を訴え続けたファン達。
それらファン達への返礼を一切示すことなく元SMAPは消えた。


そうした彼らに「プロ失格」の烙印が押され、2017年が明けたのである。
(……(//_//) もうすぐ2018年ですけれど、ね。)

ブログ村ブログ村ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村