お喋りなNana 生活や芸能

三世代家族で同居しています。暮らし仕事を丁寧にこなして行きます。芸能も熱く語ります。

リビングに欲しいこういうスペース

1. 観葉植物

f:id:bi1dama:20180120170833j:plain
私は植物が大好きです。
今までも

パンジーシクラメンLove → 寄せ植え → 苔玉 → アレンジメントもどき
など、一通りの流行りものはクリア (//_//) ← (笑)

今は何と言っても「多肉植物」が可愛い盛りを迎えていますね〜。ウキウキ。

私の持っているものをいくつかご紹介させて頂きますね。イソイソ。


2. 多肉植物(私物)← (笑)

f:id:bi1dama:20180120171628j:plain
ニョロニョロ
こちらはムーミンのニョロニョロに似ているので、購入決定。

ニョロニョロ …… じゃないや、ドンドン増えて、今は2鉢に植わっています。もっともっと増えますからお譲り致しますネ。← どなた様に向かって申し上げているのだー?

緩〜く弧を描いている鉢は、鉢受けとセットになっています。洒落た感じが出ますよね。


f:id:bi1dama:20180120171709j:plain
モフモフ

お水をスプレーした直後に撮影してしまいましたので、モフモフ感が薄れてしまいました。ごめんなさい。
白い繊細な毛で、一面モフモフと覆われています。
か …… かわゆい❣️


お家にお迎えした時に比べ、3倍位のおおきさになりました。← 育て上手〜?← 愛情の賜物〜(笑)?



f:id:bi1dama:20180120171638j:plain
これぞサボテン!
これぞサボテンですよ。そうこなくっちゃ!← どした?

財津和夫さまの名曲「サボテンの花」はきっと、こんな形のサボテンに咲いたのではないかしら?
…… と思わせる位の正統派です。昭和です。大切 大切。

サボテンの花は難しくて、なかなか咲かないのです。
このサボテンも1度も蕾を持ったことがありません。
財津さんの歌の女性は、サボテンも愛情も丁寧に育んでいらしたのでしょうね( 涙 )


鉢は作家さまの一点物です。
鉢には水を抜く為の穴があるでしょう?この穴を開けるのが想像以上に難しいのですって。それで、作家ものの植木鉢は少し見つけにくいのかもしれません。


f:id:bi1dama:20180120171648j:plain
はぁと ❤️

キャー。もう定番ですよね。

このハート形が何十鉢も並んで販売されていた時があったのです。
もう、もう、30分位かけて吟味〜。
中央部分の緑と、縁の白っぽい部分の混ざり方が1番美しいものを選びました。



今回のお勧めなのですけれど、デンマークのブルーミングヴィル社の植木鉢カバーです。
元々幾何学模様が好きなのですが、白磁に白い丸の凹凸が、個性的でもあり上品でもありー。


3. 私の小さな温室

f:id:bi1dama:20180120171659j:plain
この向かって右隣にモカブラウンのソファがあるので、右側に行くにつれて濃い色の鉢が置かれています。
…… という訳で、窓際の小さなスペースに「私の小さな温室」を作っています。


こういう安らぎの、愛と水をたっぷり注げるスペースって、凄く必要に思います。
見てお世話しているだけで幸せなスペース。

二酸化炭素を吸収して、酸素まで排出してくれます(笑)



ランキングに参加しております。
ななオレオをポチッと押して頂けますと、とても励みになります。とてもうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村