お喋りなNana 生活や芸能

三世代家族で同居しています。暮らし仕事を丁寧にこなして行きます。芸能も熱く語ります。

【切り花】長持ちさせる為に使っているもの

1. 食卓に花🌸

f:id:bi1dama:20180528231909j:plain

私は毎日曜日に1週間分の食材を買い出しに行きます。
その時にどうしても買ってしまうのがお花。
我慢できないのでちゅ。← (||_||) 年甲斐もないわ。怖い … 自爆。


食卓にお花があると晴れやかなんだもの。嬉しいんだもの。


…… ということは逆に、次の買い出しの日まで、
少なくとも1週間は、切り花を保たさなければいけません。


2. 切り花を保たせるコツ← 皆様ご存知よね … (//_//) …

A、当然お水は毎日取り替えましょう。
お水が汚れてくると、茎の中にある道管が詰まり、
水の吸い上げが悪くなってしまうからです。


B、適度なところでお花の水切りをしましょう。
水切りとは、茎の先端を切って、新しい吸い上げ口を作ってあげることです。
この作業は、ボールなどに水を溜めて、その水の中で切ると、
その後の水揚げがうまく行きます。


C、菌の繁殖を防ぐ薬剤を水に混ぜてあげましょう。
これは、花が傷みやすい去年の夏に試してみましたが、
お花の保ちがかなり違ったように思います。



3. 菌の増殖防止剤

f:id:bi1dama:20180528232107j:plain
夏場の気温が上昇する時にだけ使っています。


500ml の水につき、キャップについている半量の線まで増殖防止剤を入れます。

f:id:bi1dama:20180528232120j:plain
通常のフラワーベースなら、キャップの半量まで薬剤を入れます。


それをフラワーベースに注ぎ込みましょう。

f:id:bi1dama:20180528232130j:plain
お気に入りのフラワーベースに投入!


牡丹の花は楽しみ甲斐がありますね!

f:id:bi1dama:20180528232143j:plain
牡丹、白いレースver.(笑)


増殖防止剤は、お花の水を替える度に入れるようです。
でも入れるのは少量なので、ボトル1本あれば、かなりの期間保ちますよ。



▼ こちらが、お花長持ちの魔法の薬です。



▼ こちらから、『もの、ごと。』をご覧になれます。

[参加中]



こちらから、『にほんブログ村上位ブロガー様一覧』をご覧になれま〜す。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[参加中]

ブログ村ブログ村ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村