お喋りなNana 生活や芸能

三世代家族で同居しています。暮らし仕事を丁寧にこなして行きます。芸能も熱く語ります。

【植木鉢カバー】綺麗に保つちょっとした工夫

1. ドラセナ・マッサンゲアナ

f:id:bi1dama:20180723231526j:plain


(//_//) この機会に、2階のリビングにあります大型観葉植物
『ドラセナ・マッサンゲアナ』をご紹介させて頂きます。


にょきにょきと成長して、少し頭でっかちになってしまいました。
でも、植わっている3本の木のバランスが良いので、
とても気に入っています。


さてこの木は大型なので、
これ以上重くならないように、
プラスチックの植木鉢を使っています。← (//_//) 購入したお花屋さんで植わっていた鉢です〜
プラスチックもいいのですけれど、少し味気ないかな … と思い、
籠製の植木鉢カバーを使用することにしました。





2. 植木鉢カバー

f:id:bi1dama:20180723231719j:plain
裏革の持ち手が2つ付いているところが可愛い💕


手作り品なので、少し形がいびつなのですよ。
けれど、丁度良い大きさですし、このいびつな感じも味わいがあって好きなのです。

f:id:bi1dama:20180723231729j:plain
真正面から見るとこんな感じにー。


3. 工夫

さてこのカバーは特に籠製なので、
ドラセナにお水をあげた後に、
植木鉢の穴から出て来る水で濡れてしまうと困ります。


そこで植木鉢カバーの中に工夫をしてあります。
アルミホイルを敷いてあるのです。← (//_//) それだけよ〜


f:id:bi1dama:20180723231740j:plain
わ!土の汚れも付いて来たので、そろそろ取り替え時ですネ。


勿論、植木鉢の水はよく切ってから、鉢カバーに入れてくださいね。
その後も鉢穴から少しずつ出て来る水や土は、
このアルミホイルがキャッチしてくれるので安心です。


アルミホイルを替えながら、植木鉢カバーも綺麗に使えますよ。← 猿知恵ですけれど、是非お試しくださいませ。@(//_//)@ キキッ 🐒



🔻 『本気で欲しいもの』コーナー (//_//)/ 🎉パフパフ!
デンマークの巨匠 ラッセンの植木鉢カバーです。このリムのラインの滑らかさ… 美しさ … 。
ページにとびますと、様々な色や形のリム・シリーズがご覧になれますのでどうぞ〜
シリーズで欲しくなっちゃう。(//_//) ボソ ……



🔻 こちらから『もの、ごと』をご覧になれます。

[参加中]


🔻 こちらのボタンをポチッと押してくださって、ナナ猿🐒を応援してくださいませ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[参加中]