お喋りなNana 生活や芸能

三世代家族で同居しています。暮らし仕事を丁寧にこなして行きます。芸能も熱く語ります。

【メーガン・マークル】その功績

1. 英王室

f:id:bi1dama:20180801234500j:plain

2018年5月にメーガン・マークルとハリー王子との挙式が執り行われた。
メーガン・マークルは晴れて英王室の一員となった訳である。

名前:レイチェル・メーガン・マークル
生年月日:1981年8月4日
年齢:36歳
身長:171cm
出身:カリフォルニア州ロサンゼルス
職業:モデル・女優


遅咲きの女優であり、
離婚も経験しているだけに、
年は食っているね〜


最初に見初めたのはハリー王子の方で、
「SUIT」出演中のメーガンのファンとなり、
友人を介して2人の出会いの場を作って貰ったという。


メーガンの母親はアフリカ系アメリカ人、父親はオランダ系アイルランド人である。
全世界が注目したのはここであった。

f:id:bi1dama:20180801234642j:plainf:id:bi1dama:20180801234645j:plain
メーガンの母親と父親。2人は既に離婚している。


2. 平和

f:id:bi1dama:20180801234624j:plain
可愛い系メーガン

どうしたら世界に平和が訪れるのだろう?
そう考えた時に私は、
「世界中から国境がなくなるといいな … 」な〜んて思う。


ではどうしたら「国境」は無くなるのだろうか?


それには、世界各地の様々な人々が人種を越えて愛し合い、
人種の混じり合った子孫を残していくこと、
それに尽きるのではないか。← (//_//) まさしく『愛は地球を救う』だ!


現実に私の周囲でも、
フランス人、アメリカ人、カナダ人などなど、様々な外国人との
国際結婚が絶えない。

f:id:bi1dama:20180801234631j:plain
光の中のメーガン

ここでとにかく重要なのは、
『アフリカ人の血を受け入れた』ということだ。
例え、クウォーターであったとしても ー。


最も拒絶感の強いアフリカ人の血を、← (||_||) いや、黄色も含め、有色人種への侮蔑は同様のものなのかもしれない。
英王室は受け入れた。
世界は私が考えるよりもずっと進んでいるのかもしれない。


3. 魅力的なメーガン・マークル

f:id:bi1dama:20180801234638j:plain
魅力的なメーガン

それ程メーガン・マークルは魅力的であるのだ。


もうこうなると、
卵が先か鶏が先か 論争になる。
(人々の思考が柔軟になったからメーガンが誕生したのか、
メーガンが誕生したから人々の思考が柔軟になったのか)


そして、ことここに至っては、それはどちらでも良くなってしまうのだ。


彼女の顔立ちは、生粋の白人とは異なる美しさを持つ。
高校時代には、ミス母校にも選ばれている。
以前から周囲が認める美しさであったということだ。


更に、黒人遺伝子が持つスタイルの素晴らしさ。
メーガンの脚を見たかい?
非常に筋肉質でスラリと長い。

f:id:bi1dama:20180801234635j:plain
✨✨✨素晴らしく美しいお御脚✨✨✨


キング オブ ポップでさえ成し得なかったこと。
彼は白人に憧れ憧れ、
その褐色の肌が、完全なる白色へと変わった時をもって、
常軌を逸した行動が目立つようになった。

4. 混血化

f:id:bi1dama:20180801234627j:plain
シニョンもお似合いになるメーガン

こうやって混血化がぐんぐんと進んでいくなんていうことは、
夢物語だろうか。


「私は、○○系 ○○系 ○○系 ○○系 ○○系 ……… ええい!地球人です。」となるぐらいに ー。


何はともあれ、始めの一歩を踏み出した
メーガンマークルの功績は大きいのである。