ロハコ

お喋りなNana 生活や芸能

三世代家族で同居しています。暮らし仕事を丁寧にこなして行きます。芸能も熱く語ります。

世界で1番薔薇の似合う【西城秀樹】

1. 『薔薇の鎖』

f:id:bi1dama:20180915010904j:plain

『薔薇の鎖』(ばらのくさり)は、1974年2月25日に発売された西城秀樹の8枚目のシングルだ。
西城秀樹、19歳である。


雑誌『平凡』で募集された歌詞を原案にして、たかたかしが作詞した。作曲は鈴木邦彦。
この歌で秀樹は、当時としては斬新なマイクスタンド・アクションを披露した。
このマイクスタンド・アクションについては後年秀樹自身が、
ロッド・スチュアートのそれに衝撃を受け試みたと語っている。

f:id:bi1dama:20180915011131j:plain
シングルレコード『薔薇の鎖』


読者から募集された歌詞ね。
ハッハァ〜ン。
どうりでこの歌は、まるで波乱なしの幸せな愛に終始している訳だ。


「薔薇の鎖」で常に秀樹と結ばれていたいという願望の表れである。
「薔薇の鎖」って、植物版鉄条網か ∑(゚Д゚)っていう位のトゲトゲしさだが、
これはあくまでもイメージだ。


昭和時代、最高にエレガントで憧れの花といったら薔薇の花だった。
オスカルもお蝶夫人も、
バックには決まったように薔薇の花を背負っていた。

f:id:bi1dama:20180915011125j:plain
秀樹の後ろに薔薇の花々が見えるよう〜 🌹


そして、秀樹も男性歌手でありながら、
やっぱり背負うのは薔薇の花なのである。← (//_//) お似合いよ💕



2. マイク・アクション

…… に尽きますね。


この歌において秀樹は1番、2番それぞれ2回ずつマイクを蹴り上げる。← 冷静に解説していられるのも今だけだよ〜


「愛する(・ふたりぃは・)
歌い出しから右足でマイクを鮮やかに蹴って
(マイクには蹴り上げる時の「ゴッ!」という音も入って)
もうこっちは歌どころじゃなくなる(爆)

f:id:bi1dama:20180915011118j:plain
はなれていーてもー♩


気付けば、
「あ・アン あ・アン
身体をグッとひねり、マイクをかなり後ろに倒しながら
反則セクシーフレーズを口ずさんでいる。


(//_//) マイクとともに私達も振り回されて、
秀樹は軽快に男の色気を振りまく。


ラスト、
「あ・アン あ・アン
あああ 愛するー (ゴッ ← (//_//) 大技の瞬間)


あっという間に蹴り上げたマイクを、
今度はファンに向かって水平に構え、
そのままファン串刺しの勢いで
「こーの世の しあわせー 」

案の定全員のハート串刺しだよ。

f:id:bi1dama:20180915011120j:plain
これが秀樹の大技だ!← (//_//) 軽々とやります


(//_//) マイクを小道具に
あれだけカッコよくポージングを連続させ
振り付けとして成立させられるのは秀樹だけだ。


リズム感、運動神経の良さ、
長い足で蹴られたい … (//_//) マイクだったらね。← ノーマルな人間です。



3. 見どころ

f:id:bi1dama:20180915011138j:plain
さーびーしーくはないさ・

この『薔薇の鎖』= マイクスタンド・アクションの凄さは、
実は秀樹がマイクから距離を取った時ほど、
カッコいいアクションが来る、というところだ。


歌い始め、
秀樹はマイクスタンドのかなり後ろでスタンばっている。


曲が流れ始めるとおもむろにマイクスタンドに近付き
ゴッ!
……… ここが、いいのだ!
これが男だ!← (//_//) 単なる勢いです。


歌い終わり、
マイクスタンドから後方に退いたと思いきや、
再びマイクスタンドに舞い戻り、
左手でスタンドを鷲掴みにして
決めポーズ!← みんなでクラっときましょう。

f:id:bi1dama:20180915011123j:plain
デビューから3年目の秀樹 💕


さあ、それでは歌も抜群だ。← (//_//) 当たり前だよね。
マイクスタンドで私達を魅了する秀樹にやられちゃおう!
どうぞっ!

youtu.be

ブログ村ブログ村ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村