お喋りなNana 生活や芸能

三世代家族で同居しています。暮らし仕事を丁寧にこなして行きます。芸能も熱く語ります。

【貴乃花元親方と相撲協会 2】貴乃花の行く末

1. 夏目漱石

f:id:bi1dama:20181003204154j:plain

大正時代、貴乃花のような男の出現と行く末とを
描き切った人物がいる。


f:id:bi1dama:20181003204240j:plain
夏目漱石

明治の文豪、夏目漱石である。
朝日新聞に掲載された「こころ」の中に、
その人物は「K」というイニシャルで現れる。


貴乃花が某整体師に洗脳されたように、
Kも自身で作り上げた哲学というか、信仰に近いものを大切にしている。
いわば自身で自身を洗脳しているようなものだ。


貴乃花もKも寡黙で、
饒舌に語ることは習慣としていない。


何よりも自分の信じた道を頑固に一徹に貫き通す。


Kはある意味貴乃花より酷くて、
医学部に進学すると偽って哲学科に入っている。
それでいて、自身の道には反していないので、
悪びれる様子もない。


こんな男が側にいたら窮屈だ。
鬱陶しい。
ある種のコミ障まで抱えているのだからネ。


案の定、Kも貴乃花もなかなか理解者を得られない。



2. 理解者

貴乃花に話を絞ろう。


f:id:bi1dama:20181003204248j:plainf:id:bi1dama:20181003204250j:plain
千代の富士の土俵入りと千代の富士親方になってから。精悍な相撲でウルフの異名を取った。

貴乃花には、
北の湖千代の富士という理解者が存在した。
両名とも名横綱として名高い。


f:id:bi1dama:20181003204242j:plainf:id:bi1dama:20181003204244j:plain
北の湖の土俵入りと北の湖親方になってから。憎まれる程強い相撲を取った。

北の湖は元々、
情が深く、懐が広く、
人望を集めやすい人格の持ち主であったらしい。


それをもってして尚、3名の共通点は、
生涯「ガチンコ勝負(相撲)を貫いた。」という点だ。
それは当たり前のことであり、また誇りでもあったろう。


あの巨体同士がガツンと当たる。
凄い力で回しを取る。
相手の巨体を寄り切るか、投げるか。
毎日が、
相手に押されちゃならないガチンコ勝負の連続であった。

f:id:bi1dama:20181003204301j:plain
ガチンコか八百長かは表情で分かるね。⤴︎こちらは無論 貴乃花のガチンコ勝負後。


3. 故人

貴乃花がどんなに偏屈であろうとも頑迷であろうとも、
正すところは正して、
そうして付き合っていかなくてはならない。


何故なら、
貴乃花という名横綱
同時代に巡り合わせた運命だからだ。


少々癖のある生徒を
クラスから追い出すことによって、
めでたしめでたしとすることはできなかろう。


そういう生徒が混ざってこそのクラスだ。醍醐味だ。
そういう子に限って行事で大活躍したりする。← (//_//) 話題が相撲だけに〜 ← (//_//) 今回初ダジャレじゃなぁい?← (//_//) 私も必死よ〜。


北の湖千代の富士が故人になるや否や、
貴乃花外しが始まるのは、
狭量としか言いようがない。



4. 行く末

冒頭で語ったKも貴乃花も、
最後は自分の住むべき精神世界を失う。


Kは自分の信念から外れたが為に、
貴乃花は自分の信念を貫いたが為に。


そうしてKは自死を選ぶ。


今年8月21日 、
貴乃花秋田県秋田市の夏巡業中に救急車で病院に搬送されている。
痙攣があったという。
意識は暫くして回復した。


この出来事を甘く見ない方が良いと私は思う。


貴乃花は、心身ともにどのような状態にあるのか。


今年は、
惜しまれる人物の訃報を多く聞き過ぎているだけにー。


f:id:bi1dama:20181003204306j:plainf:id:bi1dama:20181003204304j:plain
引退会見での表情と子供達に四股を教える貴乃花関。



ご拝読、どうもありがとうございました。
この2回にわたる文章は私見に依るものですので、
どうかご了承くださいませ。



🔻 こちらのボタンをポチッと押して頂けますと、ナナ猿🐒くんのランクがアップします。
応援してくださるととても嬉しいです。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能一般情報へ
にほんブログ村

ブログ村ブログ村ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村