お喋りなNana 生活や芸能

三世代家族で同居しています。暮らし仕事を丁寧にこなして行きます。芸能も熱く語ります。

【昔の人の知恵袋】お人形の断捨離法

1. 人形

f:id:bi1dama:20181010171630j:plain

昔から洋の東西を問わず、
たくさんのお人形が愛されて来ました。


現代では、
キャラクターグッズを初めとして、
赤ちゃんそっくりのミルク飲み人形
リアルなぬいぐるみなど、
愛しいお人形たちは
その種類も数も増える一方です。


さて、
しかし引っ越しやお子様のご成長などにより
これらのお人形を手放さなければならなくなった時、
皆さまはいかがされているでしょうか?


可愛がって来て、
動物や特に人の姿をしているお人形たちは
その処理に困るものです。



2. こけし

我が家でも上記のような事態発生。


祖母と母は一時期こけし集めに凝っていたのですけれど、
とうとう飾りきれないこけしが出て来てしまったのです。


飾りきれなくなったものは、
冒頭の画像のような
主にモダンな作りのこけし達です。


f:id:bi1dama:20181010171922j:plain
これらなどはお着物もお揃いで姉妹みたいに見えます🎀


f:id:bi1dama:20181010171933j:plain
背の高いいなせな姐さんこけし


そこで、
ひと昔前はどのように処分していたのか、
おばあちゃまに聞いてみたのです。← (//_//) 出番ですよ〜



3. 昔の人の知恵

聞いてみますと、
2種類のやり方が有力であることが分かりました。


どんど焼きで燃やす。

*「どんど焼き」とは小正月(こしょうがつ=1月15日)の行事で、
正月の松飾り・注連縄(しめなわ)・書き初めなどを家々から持ち寄り、
一箇所に積み上げて燃やすという、
日本全国に伝わるお正月の火祭り行事です


② 人形の目に紙などを巻いて隠し、
手を合わせ「ありがとうございました。」と言い、
紙は巻いたまま、普段の燃えるゴミの日に出す。


(//_//) と …… 取り敢えず②で … ←かなり腰引け状態


f:id:bi1dama:20181010171940j:plain
目の所に、細く切った紙を巻きました。



4. 結論

⤴︎ お人形に紙を巻いた姿は、
私にはかなり抵抗感があり、
お礼を言った後、思わず紙を取ってしまいました。← 無効となった瞬間(爆❗️)


ですからうちはどんど焼きで燃やします〜


@(//_//)@ ← しかしこういう人は、
火の中に投げ入れる瞬間に、
また躊躇しそうなのであったー(笑)


でも今回は引け腰になりましたが、
やはり、昔からの風習に則るのがいいと思いました。


この他にも方法があると思いますので、
教えて頂けますと幸いです〜


(//_//)/ ではでは〜!


🔻 こちらから『もの、ごと。』をご覧になれます。

[参加中]


🔻 こちらのボタンをポチッと押して頂けますと、ナナ猿🐒くんのランクがアップします。
応援してくださるととても嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

ブログ村ブログ村ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村