お喋りなNana 生活や芸能

三世代家族で同居しています。暮らし仕事を丁寧にこなして行きます。芸能も熱く語ります。

【羽生結弦】『Origin』は救いであれ

1. 欠場

f:id:bi1dama:20181202014143j:plain

羽生結弦GPファイナルへの欠場が発表された。


羽生自身、
「スケートの場合、怪我が治ればいいってものではないですから。」と
今までとは異なる返答をしているので、
羽生がこれから進んで行く道は
今のところ保留とするしかない。


そこで羽生自身の進退はひとまず置いておくとして、
今回羽生がFSで挑んだ『Origin 』について
気になった点を書いて行こう。



2. 『ニジンスキーに捧ぐ』

今季羽生は、
ニジンスキー」を「プルシェンコ」に置き換えて、
『Origin 』を滑っている。


私は、芸術点で審査員全員の満点を叩き出した
プルシェンコの『ニジンスキー 〜』を繰り返し視聴した。


初見からプルシェンコの動きに違和感を覚える箇所があった。
次には彼の速いステップに圧倒されると同時に
またそぐわない何かがへばりついて来る。
それは凡庸な私の生理を引きちぎった。
吐き気がした。


f:id:bi1dama:20181202014450j:plain
中性的な魅力も漂わせたニジンスキー


随分調べて、
プルシェンコの意図した
ニジンスキーに捧ぐ』が何物であったかを知る。


f:id:bi1dama:20181202014427j:plainf:id:bi1dama:20181202014423j:plain
ニジンスキーの振り付けで最も有名な『牧神』


ステップに入る前に取った特有のポーズは、
ニジンスキーが振り付けた『牧神』のポーズだった。
続くステップも、
ニジンスキーの描く『牧神』の動きと見て取れる。


f:id:bi1dama:20181202014447j:plainf:id:bi1dama:20181202014444j:plain
ステップ始めの頃に現れるポーズ。向かって右はニジンスキー


プルシェンコは、
4分半の間に数回、ニジンスキーと同じ薔薇のポーズを取る。


f:id:bi1dama:20181202014430j:plainf:id:bi1dama:20181202014439j:plain
薔薇のポーズ。向かって左、薔薇の精を演じているのもニジンスキー。右は笑顔のプルシェンコ


最後から2番目の薔薇のポーズで
プルシェンコはうっとりと笑う。自然にー。無意識にー。
そこから一気に高速回転のスピンへとなだれ込み、
演じ終わりも薔薇のポーズで決める。


人生の後半を、
狂気に引き摺られ余儀なく過ごすこととなったニジンスキー
最期の眠りについた時、
ベッドで薔薇のポーズを取っていたと言う。


プルシェンコの才能は、ニジンスキーの人生後半を
象徴的な薔薇のポーズを用い、
再現してみせたのだ。


いや、折々に見せるポーズが象徴的であっただけで、
プルシェンコの『ニジンスキーに捧ぐ』は、
全編ニジンスキーの翻弄された人生を再現したものだ。


親に捨てられ、
バレエで開花したものの、
経営者の男色に弄ばれ、
第1次世界大戦での恐怖をきっかけに
狂気の人生を終えるニジンスキー


天才と呼ばれた男の、美しさよりもおぞましさが先に立つ人生。
ーーーを、
もう1人の天才スケーターが
スケートリンクの上で再現したのが、
ニジンスキーに捧ぐ』である。

f:id:bi1dama:20181202015104j:plain
ニジンスキー。東洋系の顔立ちは幼少の頃からいじめの種となった。



3. エフゲニー・プルシェンコ

f:id:bi1dama:20181202014434j:plain
冒頭で2回入れるポーズもこの舞いから。ニジンスキーは飛ぶように舞ったと言う。


彼のニジンスキーに対する興味は、
相当なものだと思われる。


ニジンスキーに関する書籍・写真、
それらをプルシェンコは少年?時代から
しっかりと頭に入れ続けていたに違いない。


この『ニジンスキーに捧ぐ』に臨むに際し、
友人のギタリストの曲を使用しているのもそうだ。


思い入れの深い物語は、
身近な曲で、が再現し易い。



4. 救う

話は戻って羽生結弦


君に「捧ぐ」は似合わない。
寧ろ天才プルシェンコを魔王の舞いから
「救」うべきだ。


歴史が意図するものを持つとするならば、
もし君が立ち上がる日が来るとするならば、


プルシェンコの音楽で、
プルシェンコを打ち破れ。


そうして、魔王の舞いから
プルシェンコを解き放って欲しいと私は願う。



🔻 こちらのボタンをポチッと押して頂けますと、ナナ猿🐵くんのランクがアップします。
応援してくださるととても嬉しいです。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能一般情報へ
にほんブログ村

ブログ村ブログ村ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村