自動広告

お喋りなNana 生活や芸能

北欧ヴィンテージを取り入れつつシンプルライフを目指します。芸能も熱く語ります。

祖父が倒れた朝

祖父が倒れた朝、
私は寝坊をしていました。
トイレから、
ガッという尋常ではない硬い音が聞こえ、
私は飛び起きました。


バッと一目
足を変な風に折り曲げて倒れ
うわ言を言う祖父。
一瞬にして
ことの重大さを飲み込みました。


119番の電話に答えながら
『なんでこんなに色々聞くんだろう?』と思いながら
祖父を励まします。
救急車が到着する頃には
寒いだろう寒いだろうと
祖父にぴったり身体を寄せて、祖父を抱きしめていました。


救急車に乗せられながら、
祖父は軽い鼾をかき始め、
脳梗塞か脳溢血かは、やはり鼾をかくのだな。』と
ルール通りの反応に、只そう思ったのでした。


あれから9ヶ月が経ち、
きょうは祖父と、認知症の祖母まで連れて、
祖父の心臓の検査の為に
大きな病院へ行って来ました。


3時間もペチャクチャ喋れたので、
祖父は嬉しそうでした。
「(夢の中で)◯◯さんが2階にいて賞状をあげるから上って来いと言うんだよ。」と
祖父が言います。私が怖い顔で、
「上っちゃ駄目よ。『賞状はまだ要りません。』って言うのよ。」と言うと、
祖母もハッと気付いて
「『もっと後で。』って言いなよ。」と念を押します。


採血の時には、
私が、きゃあ、こういうの駄目、と言うや、
私は大丈夫、と祖母。

「アルコール消毒は大丈夫ですか?」職務に忠実な看護師さん。
「アルコール消毒はね、大丈夫。飲むのは駄目。(祖父は下戸です。)」
不意を突かれて採血室が大笑いになっちゃう。


明日が出勤で、
同時に壁の修理にも人が入るので、
夜、またも片付けをしています。


祖父の参加していた様々な行事の資料、
やっと見つかったペースメーカーカード。
過労死の新聞記事……って私の職業のものじゃない。


何で私はこんな役回りなのかなぁ…なんて
涙を大粒にしてボタンボタン落としながら。


家族は信頼しきって私に託すけれど、
けれど?
「けれど」は言えない状況になり


いい歳の大人なんだから、
こんなの当たり前にやるんだよね。
みんな大変、みんな大変
と思い直して
おやすみなさい★



〜 (//_//) いきなりお返事コーナー 〜
id:tayorakoさんへ
実はきょうの文は、
昨日のtayorakoさんのブログを読んで、
真っ直ぐに見つめるtayorakoさんは偉いなぁ、
と思って書きました。

私は結構自分を逃がすのがうまいし
自分を追い詰めないようにと
スルッと立ち回るのです。

だから、
tayorakoさんのように
きちんと立ち止まって
自分の気持ちを見つめる時も作らなくては
…… と思いました。



🔻
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ村ブログ村ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村