自動広告

お喋りなNana 生活や芸能

北欧ヴィンテージを取り入れつつシンプルライフを目指します。芸能も熱く語ります。

【北欧ULTIMAのファブリック】でタペストリー作り

1. ファブリック探し

2階のリビングに大きな出窓があります。
冬でも眩しい位の西日が入って来るので、
今まではずっと
のれんを掛けていました。


そうすると
どうしても和風になってしまうので、
北欧製の生地を使い
タペストリーのイメージで、
掛けるものを作ってみようと思い立ったのです。


ファブリックは、
お店に見に行くこともできないので、
iPadとにらめっこして
フィンランド製のヴィンテージファブリック
ULTIMAウルティマのTapio Wirkkalaというものにしました。


(//_//) こちらです。

f:id:bi1dama:20190108091146j:plain
先ずはダイニングテーブルの上に広げました。


とても珍しい…… というか、
面白いファブリックなのですよ。


オリーブグリーンにプリントされているのは
イッタラUltimaウルティマシリーズのグラスです。
生地のデザイナーはTapio Wirkkalaタピオ・ヴィルッカラさんです。


f:id:bi1dama:20190108091202j:plain
柄がイッタラUltimaのグラスなのです。


このファブリックはウルティマが発売された時に
イベントのディスプレー用として製作されたもので
一般には販売されていません。


ウルティマは1968年に発売されていますので、
その頃製作されたファブリックだそうです。
未使用品で糊が効いた張り感があり厚手のコットンです。


(//_//) 他にもたくさん魅力的なファブリックがあり
とても楽しく眺めました。


この生地に決めたのは、
私がかなり、抽象画が好きだ
というポイントが大きいです。
((//_//) 幾何学模様マニア … という性質と重なる部分が …… 汗〜)


イッタラのグラスの輪郭がくっきりと描かれていず、
かすれて何個も重なっている様子が
いいな〜、と思いました。



2. 30年物のミシン

出ました。年代物
………… ミシンまで(笑)


母のミシンを借りて
カタカタと縫いました。


f:id:bi1dama:20190108091155j:plain
直線縫いの女王〜(笑)



3. 出来上がり〜

ジャスト3時間掛かりました。
ミシン、ダダダダッなんて縫えませんから〜
カタカタカタ …… のリズムで無理なくね(爆❗️)


それで、
タペストリーとして眺める予定が
やっぱり少し飾りたくなりまして


f:id:bi1dama:20190108091219j:plain
斜めからちょこっと(笑)


⤴︎ こんな感じになっています。
詳しくは明日、ご説明させてくださいませませ。




こちらはマリメッコのパネルです。
はぁぁ、カッコいい。
(//_//) テクニックがあれば、
こういうのを飾って見たいな … と思います。





🔻 こちらから『もの、ごと。』をご覧になれます。

[参加中]


🔻 こちらのボタンをポチッと押して頂けますと、ナナ猿🐵くんのランクがアップします。
応援してくださるととても嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

ブログ村ブログ村ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村