自動広告 ラボ 広告を大きく表示

お喋りなNana 生活や芸能

北欧インテリア、シンプルライフ、食器、観葉植物、芸能生活など日常生活の中で興味のあるものをピックアップして語ります

【拝見!『スカーレット』様 】朝ドラにおける悲しみの処理の仕方

ネタバレ的予想あり。これから先の『スカーレット』は悲劇が怒涛の如く押し寄せて来そうなのだが、朝ドラの果たす役割を考えると、非常に挑戦的で難しい作品となりそうだ。

1. 朝ドラ


f:id:bi1dama:20191224233453j:plain
喜美子は信楽で古い陶器のかけらを見つける ← 常治の言葉がきっかけ


先頃終了した『いだてん』は、
大河ドラマというよりも朝ドラ的である、
と評されたことがあった。


それを言うならば、
朝ドラ『スカーレット』のこれから先は、
怒涛の悲しみの展開が予測され、
それこそ「歴史上の一場面としての悲劇がじゃかじゃか描かれる大河ドラマ」的になって行きそうなのである。← @(//_//)@ どうする?1日の始まり …



2. モデルの人生と本編


f:id:bi1dama:20191224232300j:plain
川原家の女達:左から、百合子、マツ、直子、喜美子

赤文字 … 実人生とドラマの一致部分
青文字 … ドラマだけの創作部分 もしくは 相違点


神山清子【川原喜美子 役名戸田恵梨香 役者名は、


1、 昭和11年(1936年)8月2日に長崎県佐世保市で、
金場繁《川原常治 / 北村一輝》の長女として生まれた。



2、ア:父の金場繁は情に厚い人だったが、酒と博打好き。《本編では博打そのものではなく、大博打のような商売に手を出してしまう設定》



3、イ:母親の金場トミは《川原マツ / 富田靖子》、良家のお嬢様で《本編では病弱な設定も加わる》何もせず、
家事や家計は神山清子がやっていた。



4、その後、昭和22年(1947年)2月にウ:滋賀県甲賀郡雲井村へと移った。
神山清子が小学3年生の時だった。
神山清子は、子供の頃から負けん気が強く、虐められても泣き寝入りはしなかった。



5、エ:神山清子は、絵を描くことが好きで、将来は絵描きになりたいと考えていた。
その次に成りたいと思ったのはa:婦人警官《本編で希望したのは喜美子の親友で丸熊陶業の1人娘である熊谷照子 / 大島優子 … モデルなし》だった。
派出所のおまわりさんb:《本編で教えたのは川原家に居候した草間宗一郎 / 佐藤隆太からオ:柔道を習った。



6、カ:いつもテストは100点で成績は1番、
滋賀県の絵画コンクールで金賞を取った。
教師は神山清子に美術大学への進学を勧め、高校の学費は信楽町が出してくれることになった。



7、しかし、封建的な父・金場繁は
「女は裁縫と料理が出来ないとダメだ。キ:勉強など必要ない。」と言い、
神山清子は信楽中学を卒業すると、和裁・洋裁学校へ入れらるのだった。c:《本編では、和裁・洋裁学校を希望したのは三女の川原百合子 / 福田麻由子 … しかも入学は叶っていない。》


8、この頃神山清子は、京都へ行って本格的な絵の勉強をしたいと思っていたが叶わずd:《本編では大阪の荒木荘へ家事賄いの仕事をしに行く》
京都から来たク:日本画家の絵付け師:吉竹栄二郎?《深野心仙 / イッセー尾形》に弟子入り。

e:しかし絵は教えて貰えず、雑用の合間に、見よう見まねで絵付けの仕事を覚えていき、
やがて、下書きから上絵まで任されるようになった。



9、「近江化学陶器《丸熊陶業》」に入って1年が過ぎ、
デザイン部《本編では商品開発部》が拡大され、f:神山清子は主任的な立場になる。
ケ:「近江化学陶器」では女性初のことである。



10、このとき、神山易久《十代田八郎 / 松下洸平g:本編では若い陶芸家の設定》がデザイン部へと移ってきた。
h:神山易久は、中学時代の1年先輩だった。
神山易久は中学時代の美術コンクールで、いつも2位で、1位が神山清子だった。
その為、その頃から神山清子をライバル視していた。



11、父親は結婚に際して、
神山易久が養子に入るよう条件を出すが、
i:神山の姉が反対し、
最終的に神山清子が神山易久の籍に入り、

コ:2人は金場家で同居することになる。
j:《本編では父の意向をくみ、十代田八郎が川原喜美子の「川原」姓を名乗る。》



12、神山清子は、長女・神山久美子とサ:長男・神山賢一をもうける。
k:《本編では長男1人しか生まれない。》
「近江化学陶器」には子どもをおぶって勤め続ける。
l:《本編では会社は辞め、実家の離れで夫婦で陶芸を生業とする。
また、2人が使う電気釜も購入済み。》



3. 創作部分の果たす役割


f:id:bi1dama:20191224232513j:plain
八郎沼はどこまで続くw?


先ずは『スカーレット』が細部に至るまで、
モデルの方の人生を丁寧になぞっていること(赤文字部分)が確認できる。


その上で創作された部分(青文字部分)を見て行くと、
脚本家によるある意図が見て取れる。


登場人物全員が、
今のところ
愛すべき人物として描かれているという点だ。


◾︎ 日本画家:深野心仙
数々の名言を残しつつ、
喜美子を一人前の絵師に育て上げ
周囲を和ませながら高潔な人格者であることを印象づけた。↔︎ e実際は何も指導していない


◾︎ 十代田八郎
深野心仙を尊敬し、
陶芸に純粋な気持ちで取り組む青年。
喜美子に陶芸を教え
穏やかで控えめな性格だが、
喜美子への愛情表現は意外と男っぽい。← @(//_//)@ 八郎沼にどんだけハメた?
↔︎ g 喜美子には中学時代から・h ライバル心を燃やし・ij苗字は八郎の姓に変えている。・f職場の力関係も喜美子の方が上。


◾︎ 長男
一人っ子設定の長男に可愛さがクローズアップ! ↔︎ k 実際は子ども2人
↔︎ 照子は3人の娘を産んで更に妊娠中。← @(//_//)@ 猿っぽい 男の子が欲しいそうよ〜


しかし、
この『愛すべき人物』効果は、
それらが失われた時の悲しみも倍増させるのだ。

4. モデルの人生 - これから


f:id:bi1dama:20191224232802j:plain
喜美子と照子


△ 夫の神山易久は、自分のデザインをごっそり持ったまま
「近江化学陶器」からライバル会社へ移る。
が、移った先の人間関係もうまく行かず退社。


△ その上、神山清子の作品が、
様々なコンクールにがんがん入選しまくるので、
神山清子への嫉妬が凄いことになる。


△ 挙げ句の果てに
弟子の女性と不倫関係となり、
神山清子とは離婚 ← @(||_||)@ 八郎沼干上がる予報〜


△ 失意の神山清子を1人励ます長男神山賢一が
29歳で白血病を発症し、
31歳で死去してしまう …… ← これから先の『スカーレット』には壮絶な悲劇しか … 待っていない … @(||_||)@ ← ネタバレの悲劇と相まって〜

5. 加えられた悲劇


f:id:bi1dama:20191224232849j:plain
ワイルドな◯◯歳w 絶妙なさじ加減の父ちゃん


更にっ、
神山清子の人生にはなかった
余分な悲劇まで盛り込まれる。


本日12月25日の放映をもって、
父親の川原常治が他界しまうのだ。← @((((;゚Д゚)))))))@ ← 耳が w


ま、
実在の神山清子は、
古代穴窯で信楽焼を作りたいと思うようになり、
父親が山を売り、← 朝ドラより資産家ね!


そのお金で夫の神山易久と共に、穴窯(=「寸越窯:ずんごえがま」)を作るが、
それが発端となって
上記した実在の悲劇が起こって来るので、
常治にはここいら辺でおさらばして頂いて、
悲劇には関わらせない方がいいわ〜 ッネ!← @(T_T)@ 悲しみの朝に、ンなこと書くな〜 ← 猛抗議 w



6. 大問題


f:id:bi1dama:20191224233022j:plain
頑張れ!喜美子!


とにかく今までに例を見ない展開なのは、
主人公の出だしは不幸でも ← 『おしん』is No.1
徐々に上り坂になって大円団!


という朝ドラセオリーが見えない
ということだ。


結末に向かうまでも
毎朝、悲劇
若しくは悲劇の予感 ← @(||_||)@ 最近の傾向 ← 悲劇フラグ立ちまくり
… というのは、
朝のスタートとしてはキツいわ〜。


そこの処理は
根っから前向きでしっかり者の喜美ちゃんと
ドラマだけに投入された愉快な仲間たち


a 何だか可愛くて堪らない幼馴染の照子 & 信作(林遣都
b 危機の時ほど現れる温和で理知的な草間さん
c 存在感のある次女の直子と三女の百合子
d 荒木荘の人たちだよ〜 ← 泣きそう〜

が担うのでしょうけれどー。


f:id:bi1dama:20191224233130j:plainf:id:bi1dama:20191224233154j:plain
小学生の喜美ちゃんに柔道を教えてくれた草間さん / 荒木荘〜 ❤︎


何よりも
神山清子さんが成し遂げた
※ 自然釉(しぜんゆう)による古代の信楽焼きの再現

※「信楽自然釉」と名付けられた。


が、彼女(喜美子)の生涯を救い輝かせるという昇華の結末が、
視聴者を納得させる形で訪れるのならば、
芥川龍之介が描いた『※ 芸術至上主義』にも匹敵する
孤高の傑作『NHK 朝の連続テレビ小説』となるだろう。

※ 芸術は全ての物事や感情を凌駕して光り輝く、という考え方・主義。


大変難しい道のりだが、
優れた脚本と演技派揃いだけに
大いに期待している。


ともに
泣き、笑い、
昇華の気持ちを味わって、
朝をスタートさせようではないか。


🔻『いだてん』については、⤵︎ こちらに書かれております〜 @(//_//)@ 読んで〜 ← おねだり w
www.tatazumai.space

www.tatazumai.space


🔻こちらのボタンをポチッと押して頂けますと、ナナ猿🐵くんのランクがアップします。
応援してくださるととても嬉しいです。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能一般情報へ
にほんブログ村

ブログ村ブログ村ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村