自動広告 ラボ 広告を大きく表示

お喋りなNana 生活や芸能

生活や芸能を考察・分析して得た猿知恵をお話します 🐵

【西城秀樹】新御三家の運命を決めるデビューから2曲目を聴き比べ

一発屋になるのか継続するのか、デビューから2曲目は非常に大切ですね。… という訳で、新御三家のデビューから2曲目を聴き比べてみました。

1. 運命の2曲目


f:id:bi1dama:20200410221140j:plain
熱唱振りに個性が出ている新御三家


新御三家とは
野口五郎郷ひろみ西城秀樹 ← これぞえこひいき @(//_//)@
の3名を指す。


普通はデビュー曲に注目するのだが、
この3名に関しては、
デビューから2曲目に注目ポイントが集中しているように思う。
3人のこれからを暗示していると言うか。
まさしく運命の2曲目なのだ。


そこで今回は、
3名のデビューから2曲目を聴き比べて行こう。



2. 郷ひろみ


f:id:bi1dama:20200410221242j:plain
小さな体験 アルバムジャケット


やっぱりトップバッターはひろみだね。ゴーゴーゴーゴー ← 郷ひろみへの反応も凄いナナ猿🐵君 ← 語らせて下さ〜い @(>∀<)@ キキキッ!


郷ひろみの2曲目のシングルレコードは『小さな体験』。
1972年11月1日ににリリースされた。ひろみ17歳。


作詞:岩谷時子作曲:編曲 筒美京平


甘いっ!


甘いマスクに甘い歌声。
デビュー当時とそれからの顔付きや声質が1番変わったのは郷ひろみだね。


可愛い容姿も勿論じゃが
このデビュー当時の砂糖菓子のような歌声がインパクト大だよね。


デビュー曲の『男の子女の子』が突っ走り過ぎていて2曲目がかすれてしまうのだけれど、
こちらも名曲。
だって作曲、筒美京平だよ〜。ジャニーズだよ〜。独立もうまくいったんだよね。


1番Aメロ
「どうしてそんな・に きれいにな・るの」


2番Aメロ
「どうしてそんな・に 可愛い瞳・なの」


もうこのくらいド・ストレートな歌詞でいいと思う。
それでも『男の子女の子』の超ド級のストレートさは抜くことができないのだ〜


注目はここだっ!
「だ・れ・がー誘いーかーけーても 知らーないふり
し・て・い・る・んだよ・いいねー」


もう小悪魔。
独占禁止法違反だよ・いいねー♩


郷ひろみ
この2曲目から、
小悪魔的な束縛や、
ツンデレ振りを盛り込み
可愛いだけの「男の子」じゃないということを付与させて行く。


しかし、現実からの浮遊感は否めなく
《おとぎの国》路線を突っ走るのであった。← 行けるところまで突っ走ってくれ・いいねー ♩@(>∀<)@


それでは行きましょう。
フロストシュガーボイスをよろしく哀愁〜♪

郷ひろみ『小さな体験』(写真は少し大人になった郷君ですね)

広ひろみ-小さな体験



3. 野口五郎


f:id:bi1dama:20200410221342j:plain
青いリンゴ アルバムジャケット


野口五郎の2曲目のシングルレコードは『青いリンゴ』。
1971年8月10日にリリースしている。五郎15歳。← なんとー!


作詞:橋本淳 / 作曲:筒美京平/ 編曲:高田弘


そもそもデビュー曲の『博多みれん』は演歌だった。
しかし全く売れず、この曲でポップス路線へ転換し、いわゆるアイドルとして売り出すことになる。
当時の五郎のキャッチフレーズは『青い木の芽の、はだざわり』← … うまくイメージングできないよ〜w @(//_//)@


とにかくソフトな高音部が魅力で
ロングトーン(長く伸ばす発声法のこと)に微妙な揺らぎが入るところが、
力強いビブラートを繰り出す秀樹とは対照的。


野口五郎は逆に声質が変わっていないんじゃないの〜?


サビ
「あーおいリンゴをー 抱きしめーてもー
おーもーいでさえー 帰らなーいー」


のフレーズが初恋の終わりを歌ったにしては大人び過ぎていて、
まるで同棲していた2人が破綻するような趣。


案の定この後、
甘い生活』『私鉄沿線』と、
同棲していた恋人達の末路を歌うこととなる。


名曲を立て続けに繰り出し、歌いこなして行く五郎には、
10代という年齢はさて置き
《成熟路線》が決定付けられるのであった。


それではっ、五郎ファンの方々お待たせ致しました♪

野口五郎『青いリンゴ』

青いリンゴ~甘い生活~私鉄沿線 / 野口 五郎('78)



4. 西城秀樹


f:id:bi1dama:20200410221440j:plain
恋の約束 アルバムジャケット


@(//_//)@ 夜ヒットDVDの発売を控える西城秀樹ですわ。
アレ?新御三家の中ではただ1人の発売ですよ〜 @(T-T)@ ← 感涙猿🐵君


西城秀樹の2曲目はぁ … ドゥラァァァァァァン(ドラム音)← 扱い違い過ぎじゃ ……
『恋の約束』!
1972年7月25日にRCAビクター音楽産業から発売。
秀樹「ワイルドな17歳」。


作詞:たかたかし / 作曲:鈴木邦彦 / 編曲:葵まさひこ

君は泣いたね 僕のくちづけ
こらえきれず君を 抱きしめたのさ

星をみつめて 恋の約束
それが最後君に 逢えなくなった

なぜに怖いの 愛しあうことが
早くおいでよ 僕は
君を 君を 好きだよ

君がいなけりゃ 僕のなみだは
誰がふいてくれる 恋のつらさよ

君にみせたい 僕のまごころ
遊びなんかじゃない
本当の恋さ

窓をひらいて 恋の約束
思い出してほしい あの日の二人

なぜに閉ざすの 愛のよろこびを
熱いこころで叫ぶ
君を 君を 好きだよ

君がいなけりゃ 僕のなみだは
誰がふいてくれる 恋のつらさよ


前奏
パーパーパパパー・パラパパーパパッパー(トランペット)
ピロロ・ピロロ・ピロピピーピピ(鉄琴とフルート?)な出だしがアイドル〜
… で秀樹ドラム登場 ← カッチョい〜


「君は・泣いたね 僕の・くちづけ」
実は秀樹はデビュー当時の方が、歌声にハスキーが強かったのだね?
そうして、アイドル感が強いブツ切れ歌唱 ← 今となっては貴重音源だし可愛い ← たっぷり私情入り @(//_//)@


切れ長の瞳、勝気さが漂う辺りも良い。
タッパもあるし体のバネも強そうだね!← 何故かスポーツ系スカウト目線


しかしデビュー2曲目にして、恐るべし秀樹なのが、


2番サビ
「なーぜにー怖いのー 愛しあーうことがー
早くー おいでよー 僕は
君を 君を 好きだよぉ」


で、情熱のロック歌唱を小炸裂させるところだ。
特に
「君を 君を 好きだよ
の母音「」の叩きつけ方が男臭くロック


とにかく、アイドルならば受け入れ体勢ができていた日本音楽会にとって
ロックを歌唱する背の高い美少年は理解不可能な存在。
まさに受け入れ枠なし。
… とこの事実が秀樹の一大転機の重要な伏線になるのであった。後編に続く ← 嘘

5. 馬飼野康二


f:id:bi1dama:20200410221627j:plain
情熱の嵐 アルバムジャケット


ここで登場するのが馬飼野康二
3曲目以降の秀樹の歌を
連続して12曲、
『至上の愛』まで担当して行く。


3曲目『チャンスは一度』からオーバーアクションな振り付けで、野口五郎郷ひろみに続く、アイドルとして注目され始める秀樹。← 夜ヒット登場もこの曲から!


1973年5月に発売した『情熱の嵐』では、
コール&レスポンスを意識した曲作りであると同時に、
いよいよバンドがメインの楽曲作りとなって来る。← 馬飼野康二ついに閃いたかー!← 呼び捨て御免でございます @(._.)@


イントロはディストーションギター(歪みを強調するロック系エレキギターのこと)に、
ベースとブラスのユニゾン(同じ旋律を複数の楽器で演奏すること)、ラテン系のパーカッションに乗せて
「うっ!… うっ!…うっ!」としょっぱなからトップギアの秀樹。


歌に入ると、
ディストーション系カッティングギター(ジャキジャキ歯切れよく音を切る奏法)と
トレモロ風ギター(ただ1つだけの音を小刻みに連続して発音する奏法)を加えたトリプルギター構成となる。← 最高っ!


上記、馬飼野康二の施したアレンジによって
いわゆるロック系バンドだけでも厚みが出る、記念すべきロック奏法の曲の出現となったのだ。


「君が望むなら(ヒデキー❗️)
命をあげてもいい(ヒデキー❗️)」


「じょおねつの嵐よぉぉぉぉぉぉ」← 母音の「


アイドルの仮面を被ってロックを叩きつける秀樹( by ano.ano.ki.さん)


その芽生えはやはり2曲目『恋の約束』にあったと言える。


2曲目でほのかには芽生えたが確たる方向性を見せなかった秀樹歌唱。
秀樹の持つ潜在能力が
いかに前代未聞で膨大な量であったか、
… をうかがわせるエピソードである。


それでは〆は、若秀樹と覚醒秀樹、
2曲連続で行きましょう @(>∀<)@ キキキッ♪

先ずは、若秀樹『恋の約束』

西城秀樹 恋の約束 (Single Mix Version)


さぁ、来ますぜ〜♪
それから3曲後の秀樹がこれだっ♪
『じょおねつの・嵐ー』

情熱のarasi 黒FULL


🔻 こちらは ⤵︎ ロックンロールをセクシーに歌いこなす金パン秀樹の『セクシーロックンローラー』です。@(//_//)@/
www.tatazumai.space


🔻こちらのボタンをポチッと押して頂けますと、ナナ猿🐵くんのランクがアップします。
応援してくださるととても嬉しいです。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能一般情報へ
にほんブログ村

ブログ村ブログ村ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村