自動広告 ラボ 広告を大きく表示

お喋りなNana 生活や芸能

北欧インテリア、シンプルライフ、食器、観葉植物、芸能生活など日常生活の中で興味のあるものをピックアップして語ります

永遠の青春のシンボル【西城秀樹】が歌う『虹とスニーカーの頃』

青春といえば秀樹だったー無意識だったこの真実を、秀樹の歌唱力とともに突き付けてくる『虹とスニーカーの頃』。この名曲を一緒に聴こう。

1. 『虹とスニーカーの頃』


f:id:bi1dama:20191220145244j:plain
秀樹の虹とスニーカーの頃?← 勝手に w


『虹とスニーカーの頃』
好きなんだよ〜 @(//_//)@ ← この人が w


『虹とスニーカーの頃』は、
財津和夫(ざいつ かずお、1948年2月19日生まれ )が、
『チューリップ』というポップスグループを結成していた時に作った歌だ。


チューリップは、
1972年、東芝音工よりシングル『魔法の黄色い靴』でレコードデビュー。
翌年1973年、3枚目のシングル『心の旅』が大ヒット。
1974年『青春の影
1975年『サボテンの花
1979年『虹とスニーカーの頃』とヒットを飛ばしまくり、
1989年に一時解散した。(- 1997年に再結成)


財津はこのチューリップのリーダーでありボーカリスト


ソロ活動としては、
シンガーソングライター、作曲家、音楽プロデューサー等で活躍、
和製ポール・マッカートニーと呼ばれるメロディメーカーである。


このチューリップ時代の曲がいい曲揃いな中、
西城秀樹は『青春の影』と『虹とスニーカーの頃』とを歌っている。(現在確認できた時点で〜 ← @(>人<)@ もっと歌っていてください。)



2. 秀樹ファルセット


f:id:bi1dama:20191220145755j:plain
デコルテしたアルファベットまで似合っています w


秀樹の歌唱テクニックの中で波動砲級の武器となるのが、
(非常に大雑把にあげるとするならば)
① 秀樹シャウト
② 秀樹ビブラート
③ 秀樹ファルセット である。


この① 〜 ③ は、一般的な歌唱テクではあるが、
秀樹が発声した場合、全てに「秀樹」と冠さなければいけない位に、
秀樹にしか出せない
秀樹固有のテクニックと化す。← @(>∀<)@ シビれるね〜


その内の
③ 秀樹ファルセットの醍醐味を存分に堪能できるのが、
この『虹とスニーカーの頃』なのである。←ふぁおぅ♩← 猿🐵くんファルセット w?



3. サビ入り


f:id:bi1dama:20191220150035j:plain
秀樹、青春


タタタタ、タタ、← ドラムカッコいい〜♩
わがまーまはー ・男の罪ー
高らかに歌い上げるサビから入るこの楽曲は、
しょっぱなから高音で、『来たーっ!』という感じの高揚感があるのだ。 ← @(//_//)@ 秀樹がどんな我儘を言ったの?← 全部許す!


続けて
そーーを許さーないのは・女のー罪ー
が更にひと回り上の高音となる。


若かーったー 何もーかーもがー
あーースニーカーはもう・捨てたーかーいー


元々地声が高音の財津和夫と同じキーで歌っているようなので、
」と「」は
秀樹の最高音で歌っているのじゃないかしらん?


そうして秀樹ファルセットの魅力は、
「そーれー」や「許さー」などの
高音を操るところに、サブリミナル効果のようにハ行音を挟み込む点なのだよ〜← 余りにもカッコいい高等テクなので、赤太字〜


「あーーの」
「スニーカー もう捨ーてたーかいー」
少し鼻にかけながら、色気も加えて
もう、最高。

4. 目線


f:id:bi1dama:20191220150128j:plain
真っ直ぐに見つめられ〜


この青春の匂いが漂って来るようなAメロ・Bメロを
秀樹はカメラ目線大奮発で歌ってくれるのだ!← 大・興・奮 @(>∋<)@ フガガガ〜 ← 落ち着け


カールした長い前髪の向こうにある、真剣な秀樹の眼差しを受け止めきれにゃいっ @(>∋<)@ ← 落ち着いてw ← 笑える


「白ーいスニーカー 汚さないようにー
裸足ーでー雨の中ー 僕らは歩いたー
びしょびしょぬれのー トレーナーがー
乾くまでー抱き合ったー 夏の昼さがりー」


雨の匂い
むせ返るような中、抱き合う2人


秀樹の真剣な目が
あの「夏の昼下がり」の生暖かさを思い起こさせる。
青春の鼓動を伝える目だ。


こういう青春を令和の君たちは送れているかい?← 令和生まれはまだ0歳だよw


《憧れの青春時代》を、
《耳年増な君たち》は
《体験の思いがけなさを後回しにする》が故に
《ときめきも感じずに》過ごしているのではあるまいな。


@(//_//)@ 腰を振ってリズムを取る秀樹も最高だー!← これに尽きるね w



5. 青春のシンボル


f:id:bi1dama:20191220150330j:plain
青春のシンボル


『虹とスニーカーの頃』を歌う秀樹は、
『悲しき友情』を歌っている時の衣装を着ている。
… ということは、
1980年。秀樹24歳だ。


とにかく、ノリノリなんだよ〜


入りのサビを歌った後に
「はいっ!」
と掛け声を放って階段を駆け下り、


2番Aメロ
「白くー浮かんだー 水ー着のあとー」
指先でーなぞれーば・雷のー音ー」
… では、右手人差し指で、
(彼女の)背中か胸元かをなぞる仕草をする。@(//_//)@ ふぁおぅ♩← 止めいっ


秀樹ファルセットは3回繰り返される。


出だしのファルセットもインパクト抜群で青春だが、
3回目は丁寧にビブラートを入れ
高音も綺麗に歌いこなし、


最後は長身を美しく1回転させる。← @(//_//)@ 加点5です


青春期に、全力で青春を歌いまくり
いつでも青春を蘇らせ
私達に青春の切なさをキュウッと込み上げさせる。


それは秀樹が青春のシンボルだからだ。


秀樹は青春のシンボルだ。


こんな当たり前のことを
改めて知らせてくれる歌だった。


@(//_//)@それでは行きましょう。
「窓辺ーからー 顔ーつーき出してー
虹ーをさがしていたー君を覚えてるー♩」

今度から虹はこうやって眺めよう w
西城秀樹『虹とスニーカーの頃』

西城秀樹が歌う 虹とスニーカーの頃


🔻 同じ財津和夫氏が作曲した『野ばらのエチュード』は ⤵︎ こちらです〜♩
www.tatazumai.space


🔻こちらのボタンをポチッと押して頂けますと、ナナ猿🐵くんのランクがアップします。
応援してくださるととても嬉しいです。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能一般情報へ
にほんブログ村

ブログ村ブログ村ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村