自動広告 ラボ 広告を大きく表示

お喋りなNana 生活や芸能

北欧インテリア、シンプルライフ、食器、観葉植物、芸能生活など日常生活の中で興味のあるものをピックアップして語ります

【拝見!『なつぞら』様】朝ドラ100回目を飾る作品のテーマは何?


1. なつぞら キャスティング


f:id:bi1dama:20190721002008j:plain


現在絶好調で放映中の『なつぞら』は、NHK連続テレビ小説」第100作目を飾るテレビドラマである。2019年4月1日から9月28日まで放送される予定 ← あと2ヶ月で終わっちゃうにしては、終盤感まるでナッシング。 ← ほぼ毎日放映されるからいいのか (//_//) ← 最近独り言多いよ


記念的作品の主役「なつ」に抜擢されたのが、広瀬すず


f:id:bi1dama:20190721002101j:plain
こんなにも整った顔立ちで可愛い女の子がいるとは〜


彩る男優もイケメン揃いで、朝から余は眼福じゃ。
なつの憧れであり初恋の人でもある山田天陽(吉沢亮)、とその兄でなつのアニメーターへのきっかけ作りをする 山田陽平(犬飼貴丈)


f:id:bi1dama:20190721002241j:plainf:id:bi1dama:20190721002302j:plain
美しさ天陽くん/小学校時代からなつと仲良し


なつの育ての父 柴田剛男(藤木直人)、おんじ 柴田泰樹(草刈正雄)← 🙃キター!、兄ちゃん 柴田照男(清原翔)と美形一族。
北海道での同級生でともに上京する小畑雪次郎(山田裕貴)。


東京ではなつの実兄 奥原咲太郎(岡田将生)と幼なじみ(工藤阿須加)。
新米アニメーター なつが通う職場には、仲 努(井浦新)、監督見習いの坂場一久(中川大志)。
イケメン 根こそぎ拾え〜 状態なのである。← テーマ『イケメン』でもイケる


加えて、松嶋菜々子(なつの育ての母)、小林綾子(天陽君の母)をはじめとする歴代ヒロインも続々と登場。
なんとも豪華で目も眩むような登場人物達によって、北海道から東京へと舞台を移し物語は進む。


脚本は大森寿美男、ナレーションを担当するのが内村光良(戦死したなつの実父)



2. 戦争孤児

なつと その兄 咲太郎と 妹 千遥(田中乃愛)は戦争で両親を失った『戦争孤児』である。


『戦争孤児』となった後、命を落としてしまった子ども達も多かろう。愛情に飢えて『心の命』を失ってしまった子ども達もいよう。


そんな中でなつは、北海道の開拓者の一族柴田家の人々の愛情に包まれ、
咲太郎は東京で、元ムーランルージュの踊り子 岸川亜矢美の保護を受け、
千遥は置屋の女将さんに芸事一般を仕込まれ、玉の輿の婚姻を遂げる。


それでもチンピラめいていた咲太郎は、なつと暮らすようになった途端、俄然 兄ちゃんの役割を取り戻して、時になつを制したり自ら声優会社を立ち上げたりと、真っ当な道を歩み始める。← 「そのリーゼントはイカしているからそのままでいてくれよ。」by 亡父ナレーション& なな猿🐵くん


f:id:bi1dama:20190721012947j:plainf:id:bi1dama:20190721012921j:plain
妹達を庇い続けた兄ちゃんの本能、目覚める


肉親の愛情はかけがえのないものだ。更にその肉親の家族の中で、自分の役割がある(咲太郎の場合は「兄」という役割)というのも人を支える。


父は、亡き身となっても子ども達を、自ら描いた絵で、ナレーターとして支え続ける。
父の大きな愛情が全編を包み込みながら『なつぞら』は流れて行く。


現実世界においても、不幸にして肉親を失った時、
彼ら彼女らの愛情は、変わらずに私達の日常生活を見守り続けていてくれるのだ …… きっときっと、
そういうことを私達に納得させてくれるのである。


f:id:bi1dama:20190721012709j:plain
亡父が語りかけるナレーションの味わいは絶大


3. 肉親を超える愛情

更に、私達視聴者を常に感動の渦に叩き込むのは、肉親を超える愛情が存在することを『なつぞら』が語ってくるからだ。言うまでもなく柴田家の祖父 おんじの泰樹だ。


幼いなつに柴田の家族としての役割を与え、好物の(←オンジがだよw) 甘いアイスを与える。


f:id:bi1dama:20190721002625j:plainf:id:bi1dama:20190721002603j:plain
幼い頃から、なつに開拓者精神を伝え、愛情を注ぎ続けるおんじ


なつが成長すると、孫の輝男となつの結婚を画策し、ずっと自分の手元に置こうとする。こういう身勝手さも肉親であればこそ発揮できるものだから、正に肉親同様か肉親をも超える愛情の存在と言えよう。← (//_//) 私も両親から次男と結婚しろって耳ダコ。← 条件付けられる状態じゃないってばよ。← Σ( ̄。 ̄ノ)ノ ナルほトっ


4. 結婚にまで至る愛情

7月20日に放映された第96話では、なつの先輩アニメーターである 大沢麻子(貫地谷しほり)がアニメーターを一時休止し、結婚することを皆に告げる。それを聞きながらなつは
「一生アニメーターの仕事をやり続けよう」と決意する。
しかしなっちゃんにだって、監督見習いの一久さん(いっきゅうさん)との恋愛の足音が聞こえて来ているよ〜 ← ワクワク


f:id:bi1dama:20190721013504j:plainf:id:bi1dama:20190721013436j:plain
麻子に、なつに、運命の人が


5. アニメーターという仕事への愛情


f:id:bi1dama:20190721013725j:plain
息の揃ったアニメーター仲間


上記麻子は、結婚を機にアニメーターから離れる話をする時、
なっちゃんのように、楽しんで描けないのよ。」と自嘲する。
アニメーターが好きだからこその苦悩であり、結婚を機に何かをつかもうとする麻子は今後もアニメーターという仕事を愛し続けるだろう。


一方で、
「一生アニメーターをやる」と決意するなつは、迷いなくアニメーターという仕事を全力で愛している。 亡き父がこの一途さを心配して (ナレーションで)歌まで歌って、恋愛を勧める位にー。


周囲からの愛情、肉親や肉親に代わる人々から受ける愛情は、人がこの世に存在する際に欠かせないものだ。
そうして自分から、愛することのできる人や仕事や役割を見つけることも、人がこの世で自らを支える際の非常に大切な要素だ、
そういうことを、改めて感じさせてくれるドラマである。


100回記念にふさわしい様々な愛情の在り方を示してくれる『なつぞら』。
TVの外にもいよいよ夏空が現れるぞ〜。


この記事は、18日に発生した京都アニメーションの火災で、無念の死や負傷をされた方々に捧げます。
末筆ではありますが、亡くなられた方々のご冥福と、負傷された方々の1日も早いご回復をお祈り申し上げます。


🔻忙しい方へ。野菜を摂りながら腸内環境を整えましょう。



🔻 こちらのボタンをポチッと押して頂けますと、ナナ猿🐵くんのランクがアップします。
応援してくださるととても嬉しいです。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能一般情報へ
にほんブログ村

ブログ村ブログ村ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村