自動広告 ラボ 広告を大きく表示

お喋りなNana 生活や芸能

北欧インテリア、シンプルライフ、食器、観葉植物、芸能生活など日常生活の中で興味のあるものをピックアップして語ります

芸能-70・80年代-松田聖子

【松田聖子】トゥルリラー♩心の旋律を奏でる『野ばらのエチュード』

『風立ちぬ』のインパクトに押されがちな『野ばらのエチュード』だが、聖子の人生の岐路と重ね合わされた美しい仕上がりの楽曲である。

【松田聖子】はちょっぴりアンニュイな人魚姫『小麦色のマーメイド』

「裸足の人魚」フレーズが物議を醸した『小麦色のマーメイド』。一気に大人っぽくなった聖子ちゃんにも注目だ。

【松田聖子】ソワソワ疾走感が堪まらない『夏の扉』

キレッキレのシンセサイザーが心地よく、聖子ちゃんの楽曲の中でも人気No.1と言える『夏の扉』。女性が髪を切ったら要注意だぞ〜w

【21歳松田聖子】vs【30歳松田聖子】『ガラスの林檎』の味わい

聖子の歌唱力は経年とともに変化して行くが、『ガラスの林檎』に関しては彼女の恋愛経験がその楽曲自体へも影響を与えることになった。

【松田聖子】キラキラ輝く神秘の呪文『ガラスの林檎』と唱えたら?

聖子の中で最も芸術的な楽曲といったら『ガラスの林檎』だろう。磨き上げられた クリスタルボイスが光る1曲について語ります。

【松田聖子】三日月の夜にはちょっとエッチな『秘密の花園』を

マイクロミニで歌唱する聖子ちゃんのパンチラが話題になった『秘密の花園』であったが、裏読みするとパンチラどころの騒ぎではなくなる楽曲であった!← (//_//) 世界1しょうもないリード文 ( 汗 )

【松田聖子】草食系男子健在・モヤモヤワクワク感で攻める『渚のバルコニー』

松本隆とユーミンの最強タッグにより松田聖子の歌う女の子像がいよいよ形になって行く。この時期に歌われた『渚のバルコニー』について語って行きます。

【松田聖子】の歌うキュン死・あるある物語

松田聖子の絶対的名曲『赤いスイートピー』の誕生秘話と、聖子歌唱・歌唱の際に作る表情の魅力などに迫ります。

【松田聖子】ちゃんの歌は風の声

『風立ちぬ』と変声期疑惑。聖子ちゃんの可愛くて切なげな歌唱法が顕著になって来たのもこの辺り。タイトルの意味も考えてみました。

【松田聖子】と【作詞家:松本隆】

松田聖子が独自の可愛いメルヘン世界を得たのは、『白いパラソル』から作詞家 松本隆が加わるようになったからだ。両者の抜群の相性を語ります。

世界中の女の子の可愛いところをギュッと濃縮すると【松田聖子】

3曲目の『風は秋色』辺りから、聖子は自身をぶりっこへとプロデュースして行く。モテ技術を聖子ちゃんから学ぼう!

【松田聖子】国宝級に可愛いかった - たった1つの理由

春の選抜高校野球の行進曲として松田聖子は、デビュー2曲目の『青い珊瑚礁』を起用されている。短期間で成し遂げた彼女の躍進の秘密を探ろう。

【松田聖子】魅惑のビジュアル系時期

聖子ちゃんカット・ぶりっ子の殻を脱ぎ捨てるように、美しさの極地 ビジュアル系期に入った松田聖子。余りにも短かったこの期間を振り返る。

【松田聖子の歌唱力】

1. 2018年紅白歌合戦 2018年紅白歌合戦で全盛期のヒットメドレーを歌う。 昨年大晦日の紅白歌合戦において、 松田聖子は、自らのアイドル全盛期の曲を 何段階もキーを下げて歌った。 この決断を私は良いと感じた。 容姿もオーラも歌唱も 現在の松田聖子で、…

【松田聖子】ちゃんは国宝級に可愛かった!

松田聖子のお人形のような可愛らしさと彼女が目指した外見とのブレについて語ります。

ブログ村ブログ村ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村