自動広告 ラボ 広告を大きく表示

お喋りなNana 生活や芸能

北欧インテリア、シンプルライフ、食器、観葉植物、芸能生活など日常生活の中で興味のあるものをピックアップして語ります

芸能

【西城秀樹】やっぱり秀樹は異次元だった『あなたと愛のために』

抜きん出た格好良さと色気、そうしてどんな楽曲でもこなす秀樹の異次元振りを、この曲を通じて思い知ろう w

【西城秀樹】秀樹が自分の恋人に思えてくる『愛を止めないで』

余りにも甘い歌声、多彩な歌唱力に、秀樹は私の恋人?と思えてくる『愛を止めないで』。おおいに勘違いしながら聴こうw!

【西城秀樹】世界で1番優しい歌声の『眠れぬ夜』

秀樹の持つ優しさが全開となった『眠れぬ夜』。オフコースも秀樹もほぼ同じアレンジ、優しい歌声で日本中を魅了した名曲。

【西城秀樹】世界で1番深みのある歌声の『青春の影』

チューリップの転換期に財津和夫が作った名曲『青春の影』をドラマティックに歌い上げる西城秀樹。秀樹の世界に酔いしれよう。

【拝見!『スカーレット』様 】朝ドラにおける悲しみの処理の仕方

ネタバレ的予想あり。これから先の『スカーレット』は悲劇が怒涛の如く押し寄せて来そうなのだが、朝ドラの果たす役割を考えると、非常に挑戦的で難しい作品となりそうだ。

永遠の青春のシンボル【西城秀樹】が歌う『虹とスニーカーの頃』

青春といえば秀樹だったー無意識だったこの真実を、秀樹の歌唱力とともに突き付けてくる『虹とスニーカーの頃』。この名曲を一緒に聴こう。

【松田聖子】トゥルリラー♩心の旋律を奏でる『野ばらのエチュード』

『風立ちぬ』のインパクトに押されがちな『野ばらのエチュード』だが、聖子の人生の岐路と重ね合わされた美しい仕上がりの楽曲である。

【西城秀樹】が歌う逸脱のエロティシズム『ブーツをぬいで朝食を』

上品なエロティシズムが漂う歌唱でヒットを飛ばした『ブーツをぬいで朝食を』。秀樹のライターアクションが秀逸でもあったのだが。

【松田聖子】はちょっぴりアンニュイな人魚姫『小麦色のマーメイド』

「裸足の人魚」フレーズが物議を醸した『小麦色のマーメイド』。一気に大人っぽくなった聖子ちゃんにも注目だ。

日本の音楽シーンにロックという楔を打った"ロックの申し子"【西城秀樹】

雷鳴轟く後楽園球場で秀樹が歌った「エピタフ」は、その雷鳴が奇跡の音響効果となったと現在も語り継がれている。秀樹が日本に上陸させたロックについて、きょうは語ろう。

【松田聖子】ソワソワ疾走感が堪まらない『夏の扉』

キレッキレのシンセサイザーが心地よく、聖子ちゃんの楽曲の中でも人気No.1と言える『夏の扉』。女性が髪を切ったら要注意だぞ〜w

【西城秀樹】世界で1番の名場面を歌う『ラストシーン』

アダルティーな秀樹歌唱も絶好調の『ラストシーン』。楽曲のどの場面を最も印象的なラストシーンとするかは、阿久悠氏の腕の見せ所だ。

【西城秀樹】秀樹よ男になれ『若き獅子たち』

秀樹の歌うバラードが聴衆を圧倒する『若き獅子たち』には、阿久悠の秀樹に対する熱き思いがふんだんに込められていた。

【21歳松田聖子】vs【30歳松田聖子】『ガラスの林檎』の味わい

聖子の歌唱力は経年とともに変化して行くが、『ガラスの林檎』に関しては彼女の恋愛経験がその楽曲自体へも影響を与えることになった。

【西城秀樹】阿久悠3部作の第2弾は 伝説の『ジャガー』

阿久悠作詞の第2弾は秀樹の歌唱力に託したところが大きいダイナミックな楽曲『ジャガー』。期待に応えて熱唱する秀樹は最高にカッコいい。

【コーチ不在で戦う宇野昌磨】の事情とその経緯

コーチ不在のまま要としたことも口にせず涙を流した宇野昌磨。その理由とここ半年余りの経緯を綴ろう。何か彼の助けになるならば。

寒さも秀樹で吹き飛ばせ!【西城秀樹】カラオケ曲 BEST10

カラオケで西城秀樹を歌いたい!という熱い要望にお応えしまして、筆者自らが実地で試みたポイントをお伝えするカラオケ指南です。←(//_//)偉そうに。

【松田聖子】キラキラ輝く神秘の呪文『ガラスの林檎』と唱えたら?

聖子の中で最も芸術的な楽曲といったら『ガラスの林檎』だろう。磨き上げられた クリスタルボイスが光る1曲について語ります。

【西城秀樹】いよいよ阿久悠登場の『君よ抱かれて熱くなれ』

人気絶頂の秀樹の楽曲に、ヒットメーカーの阿久悠と三木たかしを迎え、どのような変化があったのかを語ります。

【西城秀樹メモリアル展】秀樹の魂が轟く!大阪球場コンサート

現在の『なんばパークス』は秀樹が日本初のワンマンコンサートを行った『大阪球場』の跡地だ。この地で秀樹は日本初本格派ロックシンガーの足跡をも残す。不肖ナナ猿🐵死ぬ気でノッて書くぞー!イエイッ♩

虐待における殺意と少子高齢化社会の行く末

幼い子どもを虐待し死亡させる事件が後を絶たない。継子に対する殺意の有無と、少子高齢化社会のこれからを関連付けて考察します

心に残る歌詞 BEST5 【西城秀樹・松田聖子・郷ひろみ・米津玄師】

感動した歌詞や謎を含んだ歌詞など、解説した楽曲の中で、心に残った歌詞BEST5が入っているものを選んでみようという企画です。解説済みの楽曲も増えて来ましたので、ここらで小まとめ w。

【松田聖子】三日月の夜にはちょっとエッチな『秘密の花園』を

マイクロミニで歌唱する聖子ちゃんのパンチラが話題になった『秘密の花園』であったが、裏読みするとパンチラどころの騒ぎではなくなる楽曲であった!← (//_//) 世界1しょうもないリード文 ( 汗 )

世界で1番絶叫が決まる【西城秀樹】

青春期の絶唱・熱唱・絶叫全てを込めて歌い上げる『白い教会』。絶望的な愛の歌をこんなにもピュアに歌う秀樹が今ここにいる…

【松田聖子】草食系男子健在・モヤモヤワクワク感で攻める『渚のバルコニー』

松本隆とユーミンの最強タッグにより松田聖子の歌う女の子像がいよいよ形になって行く。この時期に歌われた『渚のバルコニー』について語って行きます。

世界で1番王子様な【西城秀樹】

発売と同時にレジェンドになりつつある『西城秀樹写真集』。『至上の愛』を視聴しながら王子のように美しい秀樹を再確認しよう。

【西城秀樹】の神アレンジが炸裂する1曲

腕を骨折したまま歌った『この愛のときめき』はマイクアクションを見せどころとする楽曲であった。この不運を豊かなアレンジで乗り切る秀樹をご紹介します。

【西城秀樹】 名曲 BEST10

昭和に輝く大スター西城秀樹。抜群の歌唱力とかっこよさとセクシーダンスを誇る秀樹の楽曲を12曲詳細に解説しました♩

【松田聖子】の歌うキュン死・あるある物語

松田聖子の絶対的名曲『赤いスイートピー』の誕生秘話と、聖子歌唱・歌唱の際に作る表情の魅力などに迫ります。

【西城秀樹写真集に寄せて】『CATALOG』の温もり

『西城秀樹写真集』の付録として付いてくる『CATALOG』を聴くと、秀樹の歌唱力がよく分かる。秀樹の温もりを感じさせる1曲である @(T-T)@ ← 泣くな〜 ← 最初からこれだよ …

ブログ村ブログ村ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村