自動広告 ラボ 広告を大きく表示

お喋りなNana 生活や芸能

北欧インテリア、シンプルライフ、食器、観葉植物、芸能生活など日常生活の中で興味のあるものをピックアップして語ります

芸能-70・80年代

【沢田研二】の勝手にしやがれ &【西城秀樹】のグループサウンズ

西城秀樹唯一のグループサウンズ調楽曲である『涙と友情』。沢田研二のコンサートドタキャン事件を耳にして思ったのは、やはり秀樹のことだった。

【西城秀樹 vs 郷ひろみ】

ワムの『ケアレスウィスパー』を同時期に西城秀樹と郷ひろみがカバー。しかも同じ番組で前後して歌うことになったという歌謡史に残る競演のお話です。

世界で1番グッとくる【西城秀樹】

西城秀樹がカバーした中島みゆきの『時代』は、秀樹の生き様を重ね合わせるような歌唱で、聴くもの全ての心を揺さぶって来るのだった。

世界で1番モテモテの【西城秀樹】

西城秀樹のオリジナル曲『ツイストガール』はポップなメロディと歌詞とで会場のファン達を魅了した。ライヴでよくやる突然の掛け合いにさて秀樹はどう反応するのか。

猛暑の中では危険過ぎるこの1曲 【西城秀樹】

近年の凄まじい猛暑日に西城秀樹の『ジプシー』を聴くとしたら、それはデンジャラスな試み。熱い秀樹の中でも暑いこの1曲をご紹介します。

世界で1番薔薇の似合う【西城秀樹】

西城秀樹『薔薇の鎖』でのマイクスタンドアクションは、世間をあっと言わせた。エンターテイメントな演出を次々と生み出す秀樹の魅力をお伝えします。

【西城秀樹】〜振り付けの魅力〜

かっこよくてセクシーで小学生にも大いに真似された西城秀樹の歌の振り付け。流行したそれらを総まとめしてみました。

世界で1番カッコいい【西城秀樹】

『セクシーロックンローラー』= 西城秀樹22歳。無敵のカッコよさを誇る西城秀樹がセクシーに歌いまくる様子を語ります。

【西城秀樹】芸能人水泳大会

西城秀樹と郷ひろみがキャプテンを務めた芸能人水泳大会。その陰で、人気者の秀樹に起こっていた秘密のエピソードをお話しします。

世界で1番愛されている【西城秀樹】

西城秀樹『ボタンを外せ』で描かれる激しい恋愛模様をリアルに解説してみました。第28回紅白歌合戦での秀樹の熱唱も凄かった!

【西城秀樹】世界で1番悩ましい歌

ビブラートの多さでは最強と思われる『ブーメラン・ストリート』。秀樹愛を炸裂させながら絶好調で解説します。

【西城秀樹】の歌唱力

西城秀樹のずば抜けた歌唱力を育んだ原点と、その歌唱の素晴らしさを『炎』を中心に熱く語っています。『炎』だけに熱っ!

【西城秀樹】世界で1番情熱的な歌

西城秀樹を世に知らしめた5枚目のシングル『情熱の嵐』。長身でセクシーな秀樹の熱唱に必ず「ヒデキー」とレスポンスしてしまうこの歌の魅力について、熱く語っています。

【松田聖子〜初期から中期への系譜】国宝級お人形さんからビジュアル系へ

松田聖子ちゃんの国宝級の魅力を、デビュー時から中期前半までの変遷を追いながら再確認してみました。

【松田聖子の歌唱力】

1. 2018年紅白歌合戦 2018年紅白歌合戦で全盛期のヒットメドレーを歌う。 昨年大晦日の紅白歌合戦において、 松田聖子は、自らのアイドル全盛期の曲を 何段階もキーを下げて歌った。 この決断を私は良いと感じた。 容姿もオーラも歌唱も 現在の松田聖子で、…

【郷ひろみ】世界で1番甘ったるい歌

1. 郷ひろみ 1955年10月18日生まれの天秤座。本名原武裕美( はらたけ ひろみ )。当時男の子に「ひろみ」って名前、付けるの大変な勇気だよ。しかも「美」っていう字が入っちゃっているからね。 『俺は男だ!』by 森田健作の時代に大したもんだ! (adsbygoog…

【不倫】許されざる…って感じがしない【斉藤由貴】

1. 斉藤由貴 1966年 神奈川県横浜市出身。 1985年「卒業」で歌手デビューし、それがヒット。ドラマでは「スケバン刑事」に出演。いわゆる80年代アイドルである。同期に浅香唯、中山美穂、河合その子、南野陽子らがいる。 これら同期の中ではやや容姿に恵まれ…

【紅白歌合戦大トリ】は【西城秀樹】で

1. 追悼コーナー 本年の大晦日第69回紅白歌合戦で 5月に63歳で逝去された西城秀樹さんの追悼コーナーが設けられるという。 それで大いに期待しいていたのですけれど、 新御三家と呼ばれていた残りの2名、 郷ひろみと野口五郎とで 秀樹の歌を歌うので…

【西城秀樹を紅白歌合戦に出場させよう】

1. お茶の間 「夜のヒットスタジオ」は、 その番組が始まった当初、 スタジオに一般の人々を招いて 観覧できる仕組みになっていた。 当然秀樹出演の時には、 大勢の秀樹ファンが席を締め階段にまで腰掛け 黄色い声援を送った。 劇場型歌唱の真骨頂を行く秀…

世界で1番挑戦的な【西城秀樹】

1. ギャランドゥ 「ギャランドゥ」は、1983年2月1日にリリースされた西城秀樹の44枚目のシングルだ。 10万枚を超えるセールスを記録し、 第25回日本レコード大賞では6年連続となる金賞を受賞した。 作詞・作曲:もんたよしのり / 編曲:大谷和夫シングルレ…

【高度経済成長期に流行った青春の歌】 BIG3

1. 高度経済成長期 高度経済成長とは,経済成長率がとても高いことをいう。 日本では戦後1955〜73年の約20年にわたり, 経済成長率(実質)年平均10%前後の高い水準で成長を続けた。 この期間を「高度経済成長期」と呼ぶのである。 本日は終戦記念日なので…

世界で1番セクシーな【西城秀樹】

1. 『炎』 世界で1番セクシーと感じる西城秀樹は、 やはり『炎』を歌っている時の彼だ。 『炎』は『セクシーロックンローラー』の翌年、 1978年5月にリリースされている。 秀樹、23歳である。 けれど、私がYouTubeで目にした、鼻血が出そうな程(← (//_/…

猛暑を秀樹で吹き飛ばせ!【西城秀樹カラオケ10選】

はじめに 「暑さ」には「(秀樹の)熱さ」を ーーー と言うことで、 私、実地で西城秀樹さんのどの楽曲がカラオケで盛り上がるのか?を調査して参りました。 その結果を発表したいと思います。 最初にお断りしておきますが、西城秀樹さんの歌は、いざ歌うと…

【小泉今日子】不倫を告白するという感覚

1. 小泉今日子 小泉 今日子(こいずみ きょうこ、1966年2月4日)は、女優、歌手、および制作事務所「株式会社明後日」代表取締役。80年代アイドル。身長153cm。血液型O型。1980年代のアイドルとしては松田聖子と中森明菜の2強に続いた存在であり、歌手とし…

【松田聖子ちゃん】は国宝級に可愛かった!

1、聖子ちゃんはお人形 以前私はこの芸能ブログにおいて、羽生結弦のことを「妖精」と評した。ならば、松田聖子は「お人形」である。AKBが48人いようと100人いようと、かなわない。容姿が綺麗、整っている女の子なら、この芸能界はたくさんの逸材を輩出して…

1. 桑田佳祐 1956年 神奈川県茅ヶ崎市 生まれ。 1976年にサザンオールスターズを結成し、その2年後に「勝手にシンドバッド」で鮮烈なデビューを成し遂げた。アップテンポに早口でまくし立てる「勝手に〜 」はまさしく革命であった。 革命を成し遂げた桑田の…

ブログ村ブログ村ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村