自動広告 ラボ 広告を大きく表示

お喋りなNana 生活や芸能

北欧インテリア、シンプルライフ、食器、観葉植物、芸能生活など日常生活の中で興味のあるものをピックアップして語ります

日本の音楽シーンにロックという楔を打った"ロックの申し子"【西城秀樹】

雷鳴轟く後楽園球場で秀樹が歌った「エピタフ」は、その雷鳴が奇跡の音響効果となったと現在も語り継がれている。秀樹が日本に上陸させたロックについて、きょうは語ろう。

1. トーク・イベント


f:id:bi1dama:20191207022607j:plain
ロックの申し子


音楽業界誌『ミュージック・ラボ』の編集等で音楽に携わって来られた佐藤剛氏が
2019年12月1日に下北沢・タウンホール内のイベントスペースにおいて、
西城秀樹をテーマとしたイベント・トークを開催した。


その時の様子を
西城秀樹さんのトーク・イベントを終えて感じたロックへの熱い想いを伝えたい』と題して、M-ON!Press(エムオンプレス)に寄稿されている。
以下、その内容を抜粋して行こう。(同種の表現に言い換えた箇所もあります。)

西城秀樹のアナログレコードを聴いて、日本の音楽史における彼の音楽の評価を、もう1度冷静に考えてみたいと思い、勉強会のつもりでトーク・イベントを開催した。


この日準備したアナログレコードは、
▪︎1974年に発売された2枚組ライブ・アルバム西城秀樹リサイタル ヒデキ・愛・絶叫!』
※ このアルバムには、前年1973年11月7日に東京郵便貯金ホールにおいて開催された、2回目のコンサートの模様が収録されている。


▪︎1979年に発売されたやはり2枚組のライブ・アルバム『BIG GAME ’79 HIDEKI』など


皆さんとレコードを聴いていくうちに、
なんとも切実な"ロック衝動"が伝わってきた。
そうして、芸能界で派手なアイドルとして売り出されていた若者が、
実は"ロックの申し子"だったのではないかという思いを強くした。


〔系譜〕
① 1955年西城秀樹誕生。
その年に日本に初めてロックンロールが上陸。

全世界で映画『暴力教室』が公開され、主題歌の『ロック・アラウンド・ザ・クロック』がヒット。
大人社会や教師に反抗する若者の映画とその魂を乗せた曲。


② その頃、アメリカ南部から登場したエルヴィス・プレスリーが、
「ハートブレイク・ホテル」の大ヒットによって世界的にブレイクしていく。


エルビスの影響でジョン・レノンやポール・マッカトニー、ミック・ジャガーキース・リチャーズなど、無数ともいえる世界中の少年たちがロックに目覚める。


そうした記念すべきロックの時代に生まれ育ったことや、
音楽好きの父と兄がいた家庭環境から、
日本にも広島で"ロックの申し子"が誕生していたのである。


アルバムの話に戻るが、皆さんとお聞きしたかったのは、
『BIG GAME ’79 HIDEKI』に収められているキング・クリムゾンのカヴァー曲「エピタフ」だ。
9分近い大作だが、激しい雨と雷鳴が轟く中で決行された後楽園球場でのライブにおけるハイライトになった。
その素晴らしいテイクをレコードの音で、大勢の人と一緒に聴いてみたかったのである。



2. エピタフ


f:id:bi1dama:20191207022414j:plainf:id:bi1dama:20191207022439j:plain
アルバムジャケットです


1969年に発表されたキング・クリムゾンのファースト・アルバム『クリムゾン・キングの宮殿』(In The Court Of The Crimson King)に収められた5曲の内の1曲が「エピタフ」である。


それまで、歌詞よりも演奏技術に重きを置いていたロック界では、
特に即興演奏をその醍醐味とする傾向にあった。


それに対峙するかのようにして編まれたこのアルバムは、
クラシックやジャズの要素を巧みに取り入れ、
即興の入る余地を許さない、完璧で深遠なロックの世界を構築した。
と同時に、ボーカルの歌唱する歌詞にも重要な意味と役割を持たせたのである。


クリムゾン・キングの宮殿』に収録された5曲は、
ピート・シンフィールドの作詞により、
抽象的・神秘的な世界観を見せている。


特に「エピタフ」中に出て来る「"混乱"こそ我が墓碑銘 (Confusion will be my epitaph)」というフレーズはロック史に残る名フレーズである。


預言の書がひも解かれ、
人間の犯す愚行が次々と読み上げられ、
人類が迎える終焉として「Confusion(混乱・混迷)」という文字が現れた(ことを私は深く嘆く。)


… という内容の『エピタフ』は、
ロックといえば目前の事象であり、「反抗」と「攻撃性」とをメジャーとして来た系譜に、
中世的なムードを漂わせながら
「哲学」という崇高な新境地を切り開く。
それも、歌唱の力に頼るところの大きい楽曲として、だ。


King Crimson - Epitaph(墓碑銘)
作詞:Peter Sinfield


The wall on which the prophets wrote
予言者達が書き付けた壁は
Is cracking at the seams
割れ目から崩れ落ち
Upon the instruments of death
殺戮の道具の上に
The sunlight brightly gleams
日の光は燦然と輝く
With nightmares and with dreams
あらゆる人が悪夢や夢想とともに
When every man is torn apart
引き裂かれていく時
Will no one lay the laurel wreath
栄冠など何処にもありはしない
When silence drowns the screams
静寂が叫びを呑み尽くしてしまう
Confusion will be my epitaph
混乱こそ我が墓碑銘
As I crawl a cracked and broken path
ひび割れ荒廃した道を私は這い進む
If we make it we can all sit back and laugh
どうにかなるものなら腰を下ろし笑ってもいようが
But I fear tomorrow I'll be crying
しかし 私は明日が怖い 私は叫び続けるだろう
Yes I fear tomorrow I'll be crying
そうだ 私は明日を怖れ 私は叫び続けるだろう
Yes I fear tomorrow I'll be crying


Between the iron gates of fate
破滅の定めの鉄門のもとに
As I crawl a cracked and broken path
時の進行の種子は播かれ
Who know and who are known
聡明かつ著名な偉人達の行ないが
And watered by the deeds of those
水を与えてきた
If no one sets the rules
掟を決める者がいないのなら
Knowledge is a deadly friend
知識とは死を招く友
The fate of all mankind I see
全人類の破滅の定めは
Is in the hands of fools
愚者どもの掌の上にあるようだ


* 繰り返し
Yes I fear tomorrow I'll be crying
Crying
Crying
Crying
Crying
Crying
Crying



3. 秀樹 in 後楽園球場 ’79


f:id:bi1dama:20191207022834j:plain
秀樹 熱唱!


さて、降り注ぐ雨を弾くように前奏のギターが奏でられ、
秀樹歌い出し、


Aメロ
ウォーォォルフィッチザプローフィッツァローウ」← この辺のカタカナ翻訳、全力でやっていますが、曖昧な点を許して … @(//_//)@ … & 笑っちゃダメ ← ∑(゚Д゚) うわっ!いたの〜?

出だしから深い響きで低音の魅力たっぷり。で、


サイレンス・ダウンダスクリーム」で上げて行き


Bメロ:頭から名フレーズ
「コンフィージョン・ウィルビマイ・エピタフ」


んもう〜、絶品。
Bメロは頭から高音で出るのだが、その声の泣かせ具合が艶やかなんだよね〜
心底聴かせる声を出して来るよね〜


「アザクラゥル・クラックェンド・ブロッキンパス
イフアイキャメィット・ウィキャンオールシッバクェンドラフ」← ずっと艶やかに泣かせ声。← @(//_//)@ カタカナ翻訳、慣れて来られました〜?


サビ
「バッタイビィー・トゥマロウ・アイルビークラァァイング
エスアビィー・トゥマロウ・アイルビークラァァイング
エスアビィー・トゥマロウ・アイルビークラァァァァァァイング」


ファルセット & 絶唱 & 情感たっぷりのビブラートで歌い上げる神の声。
時々つぶし声は入れるけれど、
よく響く「神よ!聴け!」とばかりの
天に向かっての迫力と声量のある澄んだ声だ。


@(//_//)@ 聴こえるままにカタカナ表記にしてみたよ〜 ← 結構余計なことをやる猿🐵くん
🍌@(//_//)@ この方が伝わりやすいかな?と思いまして〜 ← バナナあげるとよく仕事します。← 重要事項 … でもないか … w

4. ダビデ


f:id:bi1dama:20191207022951j:plain
こういうポーズもキマるんだなぁ … って自分の手柄みたいに〜 @(//_//)@ アセッ


長身、水泳部の骨格でステージに降り立つ秀樹は、
カールした長い髪をなびかせ、
ダビデの像ように
神々しくかっこよかった。


フレディ風の衣装は、
上半身部分を下ろして
肉体美を雨に打たせている。


男性のセクシャリティを必須とするロック。
"ロックの申し子"が歌う『エピタフ』は、
歌唱においてもパフォーマンスにおいても荘厳だった。

5. 神との共演


f:id:bi1dama:20191207023342j:plain
神様、秀樹を連れて行かないで


さて、
この『エピタフ』の間奏から
神が雷鳴を轟かす。← @(>_<)@ 秀樹おヘソ隠して〜 ← 毛が生えているから大丈夫!← そこなのっ?


迫力の秀樹の歌声にぴたりと合わせ、
間奏に入るやいなや長〜く尾を引いて雷鳴。


マイクを置いた秀樹がロックの神に捧げるような動きをするのだが、その時、
今度は凄まじい雷鳴がガツンと来る。


物凄い雨の音を挟んで
再び歌声を促すように雷鳴。


この後秀樹は、
轟く雷鳴とともに
マイクを通してビリビリ感電しながら歌ったそうだ。


神の愛はマイクを通して秀樹に伝えられたのか、と思った。← 痛過ぎだけれどね〜


まさに、
神に魅入られた男、命がけの熱唱であり、
見守るファン達は、雷に打たれて本望と覚悟を決めた、というから
鳥肌ものだ。



6. ロックという楔 ( くさび )を打った西城秀樹


f:id:bi1dama:20191207023256j:plain
ロックな秀樹 ← お決まりの裸体披露 @(//_//)@


さて、西城秀樹が日本に打ち込んだロックの歌唱法やパフォーマンスは、脈々と現代に引き継がれているのをご存知か。


先ずは1990年代に一世を風靡した
河村隆一LUNA SEA
西川貴教T.M.Revolution
Gackt
等は、秀樹の影響を受け、秀樹をリスペクトし、歌唱法を模倣することを行っている。


そうして上記彼らが大御所となり、
彼らから間接的に秀樹の影響を受け継いだのが、
現在の若手の"V系 = ヴィジュアル系"バンドの
XJAPAN
Dir en grey
黒夢といったところになる。


特にXJAPANのYOSHIKIが秀樹とともにコラボ曲を制作したことは、
非常に意識的で示唆的な出来事であるといえる。


更に、
冒頭に述べた佐藤剛氏はこのような言葉でトーク・イベントを締め括っている。

クイーンやエルトン・ジョンの伝記映画がつくられて、
ドキュメンタリーではなく、エンターテイメントとして楽しめる音楽作品がこのところ増えてきている。


そう考えると西城秀樹の世界もまた、
いつの日にか連続ドラマや大河ドラマになってほしいと、素直に思えたのだった。
なぜならば、それが日本の歴史のひとコマなのであり、ひとつの時代を描けるからである。


これもまた何かの行動を起こさないと夢は実現しないということの、象徴的な出来事のような気がしている。


だからあきらめてはならないのだ。


一人ひとりの愛情とともに、西城秀樹の歌と音楽は今でも生きている。
そこから生まれる力を信じようと思った。


⤴︎
取り敢えずレコードやアルバム、コンサート画像やテレビ出演画像を、復刻版レコード、CDやDVDで残らず発売してくださ〜い❗️ @(>人<)@ ← 切実!← きょう、これを言いたかったが為に書いた疑惑 …… ← ジョーク!


@(//_//)@ それでは、
ダビデと神の共演、行きましょう。

西城秀樹『エピタフ』
注1: 音源はBIG GAME ’79 HIDEKI in 後楽園球場のものです。← 雷鳴轟くよ〜♩
注2: 画像はBIG GAME ’79 HIDEKI in 大阪球場のものです。
注3: 雨や稲光りは合成で入れてあります。
@(._.)@ youtuber さま、お手の込んだ作品をアップして頂きましてどうもありがとうございました。LOVE ❤︎

西城秀樹 BIG GAME '79 HIDEKI より「Epitaph」「エピタフ」


🔻こちらのボタンをポチッと押して頂けますと、ナナ猿🐵くんのランクがアップします。
応援してくださるととても嬉しいです。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能一般情報へ
にほんブログ村

ブログ村ブログ村ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村