自動広告 ラボ 広告を大きく表示

お喋りなNana 生活や芸能

生活や芸能を考察・分析して得た猿知恵をお話します 🐵

【新型コロナを吹き飛ばせ!】本気でマスクを探してみました〜随時更新中

長期戦になりそうな新型コロナ封じ込め。余計なところで神経をすり減らして疲労困憊することを防ぐ為に、猿知恵をフル活動させた対策をお伝えします。

【西城秀樹】が歌い上げる日々を紡ぐための勇気『勇気があれば』

秋になれば秀樹のバラードがやって来る。今日の秀樹は日常の中にある勇気をドラマティックに歌い上げる。

【新型コロナに希望の光】小池百合子都知事と『東京2020』

新型コロナウイルスの脅威に晒されながらも、決して無策に陥っている訳ではない。日本が手にしている希望の光の存在を意識して、力を合わせて頑張ろう。

【屋外での運動の決定版】ウォーキングで痩せる

継続してできる運動として最もお勧めなのがウォーキングです。歩き方やコース作り、運動量の目安等をイラスト入りでご紹介します。

【介護】新型コロナウイルスから高齢者と介護体制を守る必要性

新型コロナウイルスが長引くにつれ、高齢者の認知能力や身体機能が低下しないように、緊急時に合わせた配慮の仕方を綴ってみました。

【室内でできる運動②】美と若さを保つ為に、体幹を鍛えて脚を強くしよう

ずっと健康でい続ける為の方法として、室内で手軽にできる運動のご紹介です。前編の続きになっております。

【室内でできる運動①】体力を付けながら、美と健康も手に入れよう

コロナで気苦労の多い今、体力を付け、美と健康、痩身効果も狙ってしまおう!という室内でできる欲張りさんな運動をご紹介します。

【拝見『スカーレット』様】ネタバレ予想あり!武志のドナーになるとしたらこの人

NHK連続テレビ小説『スカーレット』の武志が最終回まで何とか生きていて欲しい!という切実な思いから、登場人物中にドナーとなり得る人物はいないか、を検証してみました。

シンプルライフにこそ個性的でおしゃれで目に止まる【雛人形】を

本来の飾り方やいつ飾るか、飾る場所などをご紹介しながら、現代風な雛人形や現代の住宅に合った飾り方をご紹介します。

【西城秀樹】スポーツ万能男子のカッコよさ満載の『ホップ・ステップ・ジャンプ』

野外ステージでの歌唱力が際立つ『ホップ・ステップ・ジャンプ』。秀樹を囲んでフォークダンスまで満喫できる最高の1曲です。

【松田聖子】この時が可愛さ最高値か?な『天国のキッス』

数あるヒット曲の中でも、歌う聖子ちゃんが最高に可愛い!と評判の『天国のキッス』。これは聞き捨てならん、と聞いて見てみましたw

【西城秀樹】初期楽曲 名曲BEST10

デビュー時(1972年)から1975年までの楽曲について語っています。かっこいい秀樹の絶唱期とも言えるこの時期の楽曲をお楽しみください。

【羽生結弦】'20世界選手権へ向けて只者ではない『SEIMEI』の復活

'20 世界選手権に向けて復活した『SEIMEI』の凄さについて、2015-16シーズンの『SEIMEI』と徹底比較しながら、語ります。

【西城秀樹】世界で1番スケールが大きい『YOUNG MAN』

秀樹の金字塔『YOUNG MAN 』の誕生秘話、ベストテンでの満点達成、『YMCA』の意味等について、総ざらいします。

【羽生結弦にしか成し遂げ得ないもの2】 '20四大陸選手権 & '20世界選手権

美しき勝負師・羽生選手が次に目指しているものは何か。開催中の四大陸選手権と来たる世界選手権の行方を検証します。

『ブルースカイ ブルー』青空が連れてきた【西城秀樹】

秀樹バラードの名曲中の名曲『ブルースカイブルー』。出棺の際にも流れたこの曲と秀樹とをオーバーラップされる方も多いことと思います。

【西城秀樹】秀樹という郷愁を感じる『遥かなる恋人へ』

秀樹の暖かい歌声と優しく素直な人柄が郷愁を誘う『遥かなる恋人へ』。太田裕美『木綿のハンカチーフ』のアンサーソングになっていることも注目です。

【羽生結弦にしか成し遂げ得ないもの】フィギュアスケートの競技性と芸術性

引退説も囁かれた羽生だが、才能・実力・美しさを併せ持つ、羽生結弦ならではの使命があるように思えてならない。羽生結弦にしか成し遂げ得ないもの、について記します。

【西城秀樹】やっぱり秀樹は異次元だった『あなたと愛のために』

抜きん出た格好良さと色気、そうしてどんな楽曲でもこなす秀樹の異次元振りを、この曲を通じて思い知ろう w

【介護】介護における余命の確認 & やっておくこと

被介護者の余命宣告はどのようになっているのか。また余命を告げられた場合にやっておくべきことを、個人の体験から書かせて頂きました。

【西城秀樹】秀樹が自分の恋人に思えてくる『愛を止めないで』

余りにも甘い歌声、多彩な歌唱力に、秀樹は私の恋人?と思えてくる『愛を止めないで』。おおいに勘違いしながら聴こうw!

【西城秀樹】世界で1番優しい歌声の『眠れぬ夜』

秀樹の持つ優しさが全開となった『眠れぬ夜』。オフコースも秀樹もほぼ同じアレンジ、優しい歌声で日本中を魅了した名曲。

【西城秀樹】世界で1番深みのある歌声の『青春の影』

チューリップの転換期に財津和夫が作った名曲『青春の影』をドラマティックに歌い上げる西城秀樹。秀樹の世界に酔いしれよう。

【拝見!『スカーレット』様 】朝ドラにおける悲しみの処理の仕方

ネタバレ的予想あり。これから先の『スカーレット』は悲劇が怒涛の如く押し寄せて来そうなのだが、朝ドラの果たす役割を考えると、非常に挑戦的で難しい作品となりそうだ。

永遠の青春のシンボル【西城秀樹】が歌う『虹とスニーカーの頃』

青春といえば秀樹だったー無意識だったこの真実を、秀樹の歌唱力とともに突き付けてくる『虹とスニーカーの頃』。この名曲を一緒に聴こう。

【松田聖子】トゥルリラー♩心の旋律を奏でる『野ばらのエチュード』

『風立ちぬ』のインパクトに押されがちな『野ばらのエチュード』だが、聖子の人生の岐路と重ね合わされた美しい仕上がりの楽曲である。

【西城秀樹】が歌う逸脱のエロティシズム『ブーツをぬいで朝食を』

上品なエロティシズムが漂う歌唱でヒットを飛ばした『ブーツをぬいで朝食を』。秀樹のライターアクションが秀逸でもあったのだが。

【松田聖子】はちょっぴりアンニュイな人魚姫『小麦色のマーメイド』

「裸足の人魚」フレーズが物議を醸した『小麦色のマーメイド』。一気に大人っぽくなった聖子ちゃんにも注目だ。

日本の音楽シーンにロックという楔を打った"ロックの申し子"【西城秀樹】

雷鳴轟く後楽園球場で秀樹が歌った「エピタフ」は、その雷鳴が奇跡の音響効果となったと現在も語り継がれている。秀樹が日本に上陸させたロックについて、きょうは語ろう。

【松田聖子】ソワソワ疾走感が堪まらない『夏の扉』

キレッキレのシンセサイザーが心地よく、聖子ちゃんの楽曲の中でも人気No.1と言える『夏の扉』。女性が髪を切ったら要注意だぞ〜w

ブログ村ブログ村ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村