自動広告 ラボ 広告を大きく表示

お喋りなNana 生活や芸能

北欧インテリア、シンプルライフ、食器、観葉植物、芸能生活など日常生活の中で興味のあるものをピックアップして語ります

【西城秀樹の絶唱】傷だらけのローラ


後年西城秀樹は、
「『傷だらけのローラ』は1番力がいる歌。」
「『傷だらけのローラ』をもう1度歌うのが目標。」と話していた。


『傷だらけのローラ』はサビに入る直前の激しいアクションや
間奏での両手上げオーラで聴衆を釘付けにする振り付けも魅力的な上に、


全身で絶唱する「絶唱度」が振り切れている楽曲なので、秀樹自身も
「自分にしか歌えない歌」
「自身の魅力を引き出してくれる歌」
として大切にしていたのだろう。


今回は『傷だらけのローラ』について語ります。

1.『傷だらけのローラ』


f:id:bi1dama:20190908023136j:plain
ジャケットです


『傷だらけのローラ』は、1974年8月25日にリリースされた西城秀樹の10枚目のシングルである。


さいとう大三の作詞による初めての作品で、『ちぎれた愛』『愛の十字架』に続く《愛》をテーマにした劇場型歌唱・絶唱型の楽曲。作曲・編曲は馬飼野康二



2. ローラ


f:id:bi1dama:20190908023948j:plain
日本レコード大賞「歌唱賞」を受賞


チャーン・チャ・チャラチャラチャララーン・
チャーン・チャララララーン
ンジャ・チャラーン ンジャ・チャラーン
充分な長さを持ったドラマティックな前奏の後、
「ローラ」と出る。


この瞬間、眼前に
過酷な恋愛に打ちのめされ
人間性も失いかけている女性が現われる。← この設定がまたドラマティックの追い打ちなのだ


その人の名前は
「おーぉ順子
君の名を呼べば僕はせーつないーよ」(by 長渕剛)でもなく


「さーちこー 思い起こせば」(by ばんばひろふみ)でもなく ← (//_//) ヤケに詳しいナナ猿🐵くん


「ローラ」であってこそなのであり、違和感もない。


「ローラ」は、
長身で彫りの深い
グローバルな容姿と雰囲気とを持った西城秀樹に捧げられた名前である。


f:id:bi1dama:20190908023432j:plain
日本人離れしたスタイル


「ロ ォ ラ ァ 」と1音1音が伸びるのも、
秀樹の絶唱に充分に応えられるよう、配慮された名付けであろう。
(//_//)「ナナ」← 悲しい位に伸びんよ。


また秀樹は、この『傷だらけのローラ』を以って欧米進出も予定していたので、「ローラ」は必須の固有名詞であったと感じる。← 実際にはフランスとカナダで発売され、迫力のある歌唱は高い評判を得るも、声帯の酷使による休養を余儀なくされ、この計画は頓挫する。← 惜しくね (T-T)?


f:id:bi1dama:20190908023647j:plain
ルネ・シマールの勧めで仏語でも歌い、ヒットチャート2位を獲得した


3. ローラに尽きる


f:id:bi1dama:20190908024227j:plain
12回のローラを歌い分ける秀樹


まず3回「ローラ」を口ずさみ
サビ


再び3回「ローラ」に呼びかけ
サビの後、
絶唱「ローラ」


上記サビ2度目
絶唱「ローラ」


悲哀と慈しみを帯びた呼びかけ「ローラ」3回


上記サビ3度目
絶唱「ローラ」


計12回の「ローラ」。
作詞:さいとう大三氏もよく入れたが、


この12回の「ローラ」が飽きないどころか、
癖になりそう
そして酔いしれて
あっという間に聴き終えてしまうのだよぉぉぉぉ

4. 絶唱とビブラートの合わせ技


f:id:bi1dama:20190908024524j:plain
最強のビブラートを繰り出す秀樹


『傷だらけのローラ』では、
《肺活量6000以上を誇る秀樹の腹からの絶唱》との合わせ技で
《喉も口腔内も唇も、気管支からの発声器官全てをフル稼働させるもの凄いビブラート》が来る。


サビ
「祈りもぉぉぉぉ 誓いもぉぉぉぉ
この愛も捧げるぅぅぅぅ


次だっ( ↑ (//_//) いや、上記部分だけで超絶圧巻ですけどぉぉぉぉ ← やるでない)


「ロォォォォォォァァァァァァ


…… で魂揺さぶる絶唱 & 前代未聞のビブラート


気持ちが入っていなければできない技なのだが、
西城秀樹は勿論毎回激情の歌唱を繰り広げる。



5. 紅白歌合戦


f:id:bi1dama:20190908024700j:plain
ゾロ姿で登場


第25回NHK紅白歌合戦に初出場した時には、秀樹がトップバッターだった。← 大トリも秀樹なら完璧〜


長身の怪傑ゾロ(← 『怪傑ゾロリ』ではありません。)の出で立ちで現れた秀樹。
んもう〜、この瞬間に誰がゾロを演じても秀樹が1番になっちゃうじゃな〜い。


マント・マスク・帽子を脱ぎ捨てると ← 早く〜 早く〜
…… 衣装が部分的にシースルーなのよね。


右の乳首が透けてセクシーなのです…… (//_//) ← いきなり何を言い出すやら …


f:id:bi1dama:20190908024825j:plain
(//_//) わわわ、問題のシースルー部分〜


古くは、山本リンダがヘソ出しルックでヒットを飛ばしていた頃、
紅白歌合戦ではおへそを見せてはいけません。」とNHKから通達があったそうだ。← これを受けた山本リンダは「へーそー⁉︎」と言ったとか。← 詰まらぬジョーク


同様に紅白歌合戦用にこしらえた秀樹の衣装を聞きつけたNHKから、
「乳首を見せてはいけません。」という通達があったように覚えている。
しかし秀樹はオシャレさんロッカーだから、シースルー越しに見せちゃったんだよね。
@(>∀<)@ NHKホールで見たかった!← H猿🐵め!


とにかく、日本初のスモークはたくわで、会場・お茶の間大盛り上がりの伝説に残る熱唱を披露している。


f:id:bi1dama:20190908024937j:plain
日本初のスモークに、日本中大興奮!


秀樹19歳から歌い続けた『傷だらけのローラ』は、
国宝級の名曲であり歌唱であることは間違いない。



(//_//) さてそれでは、行きましょうかね。
カッコよ過ぎてたまらんわ〜秀樹の『傷だらけのローラ』です。← 鼻血出た〜。← さっさとお拭きっ!
どうぞっ!

西城秀樹 傷だらけのローラ



こちらのボタンをポチッと押して頂けますと、ナナ猿🐵くんのランクがアップします。
応援してくださるととても嬉しいです。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能一般情報へ
にほんブログ村ーー

ブログ村ブログ村ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村