自動広告 ラボ 広告を大きく表示

お喋りなNana 生活や芸能

北欧インテリア、シンプルライフ、食器、観葉植物、芸能生活など日常生活の中で興味のあるものをピックアップして語ります

世界で1番王子様な【西城秀樹】

発売と同時にレジェンドになりつつある『西城秀樹写真集』。『至上の愛』を視聴しながら王子のように美しい秀樹を再確認しよう。

1.痩身


f:id:bi1dama:20191011142744j:plain
レコード・ジャケットです


『至上の愛』は、1975年8月25日にリリースされた西城秀樹の14枚目のシングルである。秀樹20歳。← (//_//) 成人おめでとうございます㊗️
作詞:安井かずみ / 作曲:馬飼野康二


1973年5月に『情熱の嵐』で爆発的な人気を博してから、ワンマンショー・コンサート・ライヴ・TVドラマ(『寺内貫太郎一家』など)・CM(ハウスバーモントカレーだよ~♩)・映画(『愛と誠』)と仕事も多岐に渡り、多忙な日々を過ごすこととなった秀樹。


1975年前半には『傷だらけのローラ』を引っ提げての初の海外進出、後半に入ると※7月20日ー8月24日に掛けての『全国縦断ツアー』が始まり、その間にも2月『この愛のときめき』・4月『傷だらけのローラ(仏語版)』・5月『恋の暴走』とシングル曲を発表、『全国縦断ツアー』明けの8月25日にこの『至上の愛』のリリースとなったのだった。  


※ 『全国縦断ツアー』は、7月20日の富士山麓での3万人規模の野外ライヴで皮切り(日本初・夏フェスのはしりとなる。)


…… という訳で、休む間もなく渾身の活動を続ける秀樹は、快進撃の一方で心配になる程痩せている。← (||_||) 私の手作り料理で … ← どっこい下手くそ



2. 少年と青年の狭間で


f:id:bi1dama:20191011142934j:plain
どこかに少年っぽさを残す秀樹


1975年には、
「秀樹を少年から大人の男性にしよう」という企画が出、具体的にはこの『至上の愛』と『白い教会』の次は、阿久悠が作詞を受け持つ、ということが決定されていた。


『至上の愛』のレコードジャケットは秀樹が煙草を吸っている姿である。
すわ大人の秀樹に移行か?と捉えた方もいらっしゃるだろうが、ジャケットと作品とは完全に一致している訳ではない。語弊を恐れずに言うならば、撮影者と作詞・作曲家との意図は異なるところにあったという可能性大である。


私は、『至上の愛』の作詞家:安井かずみと『白い教会』での作詞家:たかたかしとは、寧ろ「大人になる直前の秀樹にしか歌えない作品作り」に心を砕いたのではないか、と感じる。


『至上の愛』
この上なく愛し合う2人
崇高な響きさえある。


まさに《純愛》である。


少年と青年、青年と大人の狭間でこそ成立する崇高な愛の結晶である。


秀樹は《純愛》を
得意の劇場型歌唱で歌い上げる。← 待ってました!



3. 受動と能動


f:id:bi1dama:20191011150317j:plain
歌唱シーンです


作詞家:安井かずみは歌詞の中に仕掛けを作るので、非常に面白い。今回は ※ 受動(彼女)と能動(秀樹)との連続技である。

※ 『能動』とは「自ら行う行為のこと」を表し、『受動』とは「相手の行為を受けること」を表す。


「そんな・悲しい・しぐさで
ぼくを・止めちゃ・いけな・い


送って(秀樹:能動)送られて(彼女:受動)
帰ーれなく・なるからー」


同じメロディの繰り返しで


抱かれて(彼女:受動)抱きしめて(秀樹:能動)


2番
愛して(秀樹でもあり彼女でもあるのだ:能動)愛されて(左に同じ:受動)


男、女、それぞれの側の立場で描写されているのだが、実はそれはひとつの行為。(彼女の家に着く / 抱き合う / 愛)


そうして、このフレーズが来るのだ


ひとつに・なりたい・ふーたーりー
お見事❗️
行き着く先はそこ❗️
@(//_//)@/ プロいよ〜 ← プロだよ。


秀樹、グッと歯を噛み締めてソウルフルな熱唱へと突入


「君を・どこかへー 連れて・ゆきたいー
海がー見えるー 見知らぬー街へー
愛を・たよりに そして・確かな
体ーふたつをー 寄せあい

ねむろう ……


やはり受動する体と能動する体とはふたつの別々の個体なのだけれど、それに一体感を与え得るものがある。それが「至上の愛」の力なのである。

4. 渾身


f:id:bi1dama:20191011143519j:plain
こんな表情で見つめられたら ……


このサビが、
離れられない2人を噛みしめるように
頭を振り髪を乱し
歯をくいしばるような表情を見せ
全身全霊で来るのだ。


うなるハスキーボイス
ビシビシ伝わる魂の熱唱


@(//_//)@ いやぁ、秀樹の歌唱は胸に響きますな。

以上、 一気に書いた 人 ← 周囲の人に「私、猿っぽいのよね。」って言うと必ず笑うのよ。← 否定なしよ ← 何?納得の笑い? ← 読者さまに絡むな〜



5. 王子


f:id:bi1dama:20191011143752j:plainf:id:bi1dama:20191011143727j:plain
白馬の王子 に ブランデーの王子
f:id:bi1dama:20191011143653j:plainf:id:bi1dama:20191011143818j:plain
王子然としたスタイル / 球場コンサートでも王子をやってくれました


◆ 痩身(上記)
◆ 美しい容貌とオスカルヘアー
◆ 完璧なスタイル
◆ 全身全霊で守ってくれる
◆ オーガンジーに編み上げの衣装に赤い薔薇🌹← (//_//) 秀樹、透ける素材が好きよね w


それで、
「ねむろう」なんて囁かれたら、
もう非の打ち所のない王子でしょ〜


f:id:bi1dama:20191011143324j:plain
この美しさ、悩ましさに女性たち全員撃破!


@(//_//)@ ま、ファン1億人のみんなの王子さまだけれどね ← 儚い夢、潰えるw


狭間にいる人間って
脆さも儚さも純粋さもあわせ持ち
なんて美しいのだ。
誰しもがそう思わざるを得ない
王子秀樹を
堪能しよう。


西城秀樹『至上の愛』

西城秀樹 - 至上の愛 - 1975


🔻 こちらのボタンをポチッと押して頂けますと、ナナ猿🐵くんのランクがアップします。
応援してくださるととても嬉しいです。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能一般情報へ
にほんブログ村

ブログ村ブログ村ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村