自動広告 ラボ 広告を大きく表示

お喋りなNana 生活や芸能

北欧インテリア、シンプルライフ、食器、観葉植物、芸能生活など日常生活の中で興味のあるものをピックアップして語ります

【米津玄師】死と『Lemon』解説 〜歌詞編〜

米津玄師の歌う『Lemon 』この楽曲は大ヒットの一方で、その歌詞とPVの難解さに触発され、多くの人々がその解釈に挑むこととなった。今回、ナナ🐵猿ノ介が解釈決定版を贈ろうと思う @(//_//)@ ← なに大見栄切ってんの〜。アワワ。

1. 『レモン哀歌』におけるレモン


まずは米津玄師自身が『Lemon 』という楽曲に影響を与えたと言及している、2つの文学作品を見て行こう。


1つは高村光太郎の『レモン哀歌』である。


f:id:bi1dama:20190102163843j:plainf:id:bi1dama:20190102163904j:plain
高村光太郎と妻の智恵子


この時妻の智恵子は病魔に侵され、
認識も混濁しつつ
「死」に向かっている。死の床にてー

わたしの手からとつた一つのレモンを
あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ
トパアズいろの香気が立つ

なんとも鮮烈なレモンの香気。

その数滴の天のものなるレモンの汁は
ぱつとあなたの意識を正常にした

死の直前に正気を取り戻す智恵子。
そうして智恵子は死を迎える。

写真の前に挿した桜の花かげに
すずしく光るレモンを今日も置かう


遺影の側に置くレモンは、
作者光太郎にとって
「光」をもたらすものとなる。


「光」とは、
最愛の智恵子の死に見舞われながらも残る《希望》の象徴である。



2. 『檸檬』におけるレモン


文学といえば、
梶井基次郎もずばり「檸檬」という題の短編をものしている。
こちらは「死」に対し「檸檬」が更なる破壊力を発揮しているように思う。


f:id:bi1dama:20190102163841j:plain
梶井基次郎


主人公であり梶井基次郎自身でもある男は、
肺病を患い微熱を感じながら、
京都の裏道を散歩している。と ……

(肺病に侵され死を予感して)始終私の心を圧えつけていた不吉な塊がそれ(= 檸檬 )を握った瞬間からいくらか弛ゆるんで来た

のである。
檸檬の冷たい感触を確かめながら、
以前よく通った丸善へと入って行く私。
 

そうして丸善
紡錘形の檸檬を置き去りにして
ある空想に耽る。


その空想とは、
私が去った後、紡錘形の爆弾と化した檸檬が大爆発を起こし、
京の街も(死というもの自体も)木っ端微塵にする、
というものだった。



3. レモンと死


この2作品を眺めてみるに、
どうやらレモンは、
(その独特の形と)明るい輝くような黄色から、
「死」と対峙するもの、
いっ時であれ「死」を封じ込めるもの、
として扱われて来たきらいがある。


更に『檸檬哀歌』においてレモンは、
「死」という絶望を昇華した先にある《 希望 》となって輝くものにまでなっている。


レモンは《 希望 》という永遠性を手に入れ
「死」と対峙して行くことになるのだ。


@(🌀_🌀)@ ジョーク入れる隙がなくて限界でち。← … と言いながらひと息つくナナ🐵猿ノ介 ← 姑息な奴 w


それでは
米津玄師の『Lemon 』を聴いて行こう @(_ _)@.。o○ クカーッ!← ダウンするなー!




4. 米津玄師の『Lemon』

f:id:bi1dama:20190102163901j:plain
熱唱


米津玄師は、『Lemon』の最後で、
Bメロ的サビというか、
サビに変化を入れながら
実際に恋人とレモンを分かつ実景を歌っている。
歌全体を補足する為に実景を明らかにしている、と言った方が適当か。


「あの日のー悲ーしみさえ あの日のー苦ーしみさえ
そのすべてをー愛ーしてた あなたとともにー

胸に残ーり離れーない 苦いーレモンの匂いー
雨がー降りー止むまでは・帰れないー

切り分けたー果実のー片方ーの様ーにー
今でもあなたは・わたしーのーひかーりー


「(智恵子が)レモンをがりりと噛んだ」

「紡錘形の爆弾(= レモン)を残して来た」

「(あなたと私とで)切り分けた果実」
という実景があるからこそ、
レモンという果物の持つ強さが際立つのである。


そうして楽曲『Lemon』の中でも、
それは実景だけに止まらず、
レモンの持つ象徴性へと移行して行く。


切り分けたレモンの眩しい黄色は
「今でもあなた」を「私の光」と感じさせる。
私の永遠の《 希望 》として「あなた」は生きる。

5. 米津玄師


f:id:bi1dama:20190102163849j:plain


しかし、米津玄師の『Lemon』において
レモンの意味合いは、「生きて行く為の《 希望 》」のみに止まらない


「胸に残ーり離れーない 苦いーレモンの匂いー
雨がー降りー止むまでは・帰れないー」


この部分は、『檸檬哀歌』で智恵子がレモンをがりりと噛んだ時の
トパアズ色の香気が立つ」を思い起こさせる。


「トパアズ」とは光の加減によって、橙色から黄色、緑へと様々に色を変える宝石である。


一転して《 死 》の象徴となって歌われるレモン。


確かに視覚でなく嗅覚に頼った時
レモンは苦い「死」の匂いを放つ。


同じ果実の持つ2つの象徴性
「死」と「光」
対峙する2つの象徴性を歌い上げた
米津玄師は凄まじい。


「死」はその瞬間のものだけではなく
「光」となって永遠性を有するものとなる
… と、
髪に隠れた右目が語っているようにも感じた。


f:id:bi1dama:20190102002840j:plain
「死」と「光」


それでは、 ドラマ「アンナチュラル」の主題歌です。← (//_//) 私は見ていませんでした。← (||_||) この発言、まずいんじゃね?
行きましょう!米津玄師(よねづけんし)『Lemon』♩
youtu.be


【米津玄師】死と『Lemon』解説 〜PV編〜 は
⤵︎ こちらに書いてありますので、宜しければどうぞ〜 (//_//)
www.tatazumai.space


🔻 こちらのボタンをポチッと押して頂けますと、ナナ猿🐵くんのランクがアップします。
応援してくださるととても嬉しいです。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能一般情報へ
にほんブログ村

ブログ村ブログ村ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村