自動広告 ラボ 広告を大きく表示

お喋りなNana 生活や芸能

北欧インテリア、シンプルライフ、食器、観葉植物、芸能生活など日常生活の中で興味のあるものをピックアップして語ります

【昭和レトロな家 - リフォーム】洋室と和室の違いを抑える


1. 応接間

我が家の貴賓室です。← (//_//) 嘘、嘘。「エミちゃん(= 祖母のファーストネームですわ ❤︎)いる?」って、ご近所の高齢者様がいらっしゃいますけれどね〜。超フレンドリー ❤︎


この応接間こそ「昭和(レトロ)」にとっては最も重要な、『お客様をお通しする部屋』です。と・う・ぜ・ん、1番良い部屋を当てていますね。家のど真ん中にあり南側に庭を眺めることができる部屋です。← @(⁎⁍̴̆3⁍̴̆⁎)@ ぶーぶー ← どしたっ?居候くん


実際の使用状態は、ご近所の高齢者さまを交えてのリビングですから〜。← 高齢者さまは庭側のテラスから 侵入して 入っていらっしゃるので、玄関は使われません。(ビシッと断言!)


実はいろいろと事情がありまして、この応接間と隣の和室とを常時1つの空間として使用するように、リフォームすることになりました。


⤵︎ 2つの部屋(= 応接間と和室)は、元々ひと続きの作りにはなっています。詳しくは、こちらをご覧くださいませ〜 @(//_//)@/ ← ご案内役はなな猿🐵くんです。← 猿🐵の手も借りるw
www.tatazumai.space


2. 洋室と和室の違い。

先ずは両者の違いを抑え、
特徴をつかんでからリフォームに取り掛かることにしました。


f:id:bi1dama:20190814225633j:plain
洋室(向かって左側)と和室(向かって右側)の境目です


① 壁
a 洋室の壁は昭和に流行った漆喰の壁である。← 擦るとパラパラッと剥がれちゃう〜 ← (//_//) しかし壁を擦りながら歩く人は意外といないのであったw
b 和室も同じく漆喰の壁で、色はもっと渋い。


② 柱
a 洋室の柱にはニスが塗ってある。
b 和室の柱は地のままである。← 素っぴん勝負と来たもんだ @(//_//)@ ← 面倒ゆえのの素っぴん三昧


③ 建具
a 洋室はドア
b 和室は襖と障子


ところがっ


f:id:bi1dama:20190815005404j:plainf:id:bi1dama:20190815005427j:plain
障子のような飾りが応接間にも備え付けてあるという奇跡 ← 日頃の行い〜?


…… ということで、
結構難題だった建具の違和感はクリア。


④ 床
a 洋室はフローリング
b 和室は畳

一難去ってまた一難じゃよ。


さて、主に上記①〜④の相違点に気を配りながら、リフォーム開始です。


3. ① 壁のリフォーム

a 応接間側

f:id:bi1dama:20190815205156j:plain
応接間です。大々的に始まりました!


元々の昭和レトロな、雰囲気のある漆喰の壁も好きだったのですよ〜
けれども、表面が擦れて下地が見えてしまっている部分もあるので、下地作りからやり直し壁紙を貼ることにしました。


f:id:bi1dama:20190815205833j:plain
外されたチューリップランプを、絶好の機会とばかりに磨き上げる私〜w


b 和室側

f:id:bi1dama:20190815210155j:plain
応接間と揃えて白を基調とし、薄〜く緑が入っています


2つの部屋の壁の色を揃えてしまおう大作戦です。← (//_//) どなたでも思いつくのではではでは〜?
但し和室らしさも保つ為に、和室側にはほんの薄〜く緑が入っています。


f:id:bi1dama:20190815210629j:plain
柱とのコンビネーションがいい感じです ❤︎


こちらの壁は、なんと、4度も塗り重ねてくださいました。
もちろん塗りムラもなく、重厚感の漂う出来栄えとなっております。


壁の(素材は違いますが)色を揃えるだけで、ひと部屋感覚はかなり強まりますね。部屋に占める壁の面積が広いので、効果は抜群です。


4. ② 柱のリフォーム

a 応接間側

特に手当てなし。← 私もいいと思いました〜。ノーダメージ @(^_^)@ ← 出たな、素人猿🐵め〜

b 和室側

こちらは柱の表面を薄〜く塗っていただきました。


和室は柱の木目を見せてこその美しさなのだそうです。確かに年月を経ても木目がよく出ています @(//_//)@ ← 木目マニアなのに気が付かんかったのですよ〜 ←『灯台下暗し』とはこのこと


実はこの木目事件により、急激に和室愛が高まってしまったのです。木目に囲まれる喜び〜。最高ッス。ああ … 木目。← 『恋は木目』← 『恋は盲目』のもじりです … って要説明じゃダメっす〜(ジタバタ)


5. ③立て具・④ 床の素材


③ 建具の違和感は解決済みですね。


残るは ④ 床の素材の違いです。


いずれにせよ今回、洋室と和室、それぞれの持ち味を見直すことによって、どちらの作りもますます好きになりました。そうして『両者の良さを生かしながら1つの空間にする』という作業への意欲が、ムクムクと湧いてきたのです。← やり甲斐のある、やって甲斐のある作業だと感じます。


素敵に仕上がるように頭フル回転〜 ← … (//_//) させても大したことないですから …w


さて、④ 床問題 につきましては、また改めてお話させてくださいませ。


@(^_^)@/ ではでは〜 ❤︎


🔻 こちらのボタンをポチッと押して頂けますと、ナナ猿🐵くんのランクがアップします。
応援してくださるととても嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

ブログ村ブログ村ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村